人気ブログランキング |
パイプの煙り
e0087225_18353561.jpg 私と時を同じくしてシガーにはまっている悪友が、パイプにもはまってしまった。元々好奇心を満たす程度には二人ともパイプもシガーもやっていたのだが、禁煙したが故にその薫りを楽しむと言う事に目覚めてしまったのだ。私もヨーロッパでしっくり来るパイプを見つけたら買ってこようと思っていたが先を越されてしまった。
 とは言え私も国内で気になっているパイプをひとつ見つけてはあるのだ。ハンズで売られていた陶製の白いパイプ。イギリスの船乗りの間では安い量産品として手軽に好まれていたらしい。
 シガーに比べてパイプは技巧的に難しい分独特な時間の流れを作ってくれる。紫煙で隔絶された、祈祷や瞑想に近いと言ってもいい世界。一杯に詰めた煙草の葉がゆっくりとした時間で無駄なく灰に変わった時に喜びにも似た感情と満足感が得られる。
 木製のパイプは使っていくと刻々変化していく様なのだが、陶製のパイプは果たしてどのように変わっていくのか、それを考えただけでもウズウズしてくるのである。
by marshM | 2006-12-09 23:59 |
<< カギ 加湿器 >>