バルセロナ2日目 ゴシック地区散策2
e0087225_18123710.jpg ランブラス通りを海に向かって進み、リセウから東に折れてゴシック地区の中心部へと入っていく。狭い路地を抜け、蚤の市の人ごみを掻き分けると、なにやら白バイ警官に泣きながら向こうを指差す女の子たち。スリにでもやられたのか、やはり此処は気の抜けない地区なのだとカバンのベルトを握りなおすのだが、タイムスリップしたような町並みに気もそぞろなのである。
e0087225_18473152.jpg プリンセサ通りの先、目的地はピカソ美術館なのだが、雰囲気のある狭い路地があちこちで我々を誘うのでなかなかまっすぐにたどり着くことが出来ない。迷い込んだ先にあったリストランテの裏口に入り込み、シエスタにならないうちにお昼ご飯だ。日本人の感覚だともう遅いお昼なのだが、我々が入って暫くしてから店が混み始める。まったく住人も旅行者ものんびりとした時間感覚なのだろう。デザートにカタロニア名物のクレマ・カタラナを堪能する。
e0087225_043684.jpg
 午後はピカソの絵を鑑賞し、コロンブスが女王に謁見してから港の自分の船に戻ったであろうルートを辿って地中海に出る。日陰は涼しいが太陽の光は熱くエネルギッシュ。流れる汗はいつの間にか乾いてしまう。ラテンの熱い血はそんな気候から生まれてくるのだろうか。
e0087225_18493283.jpg

[PR]
by marshM | 2006-10-08 18:55 |
<< 今日は バルセロナ2日目 ゴシック地区散策 >>