大人の絵本2
e0087225_17562063.jpg
 本屋に注文していた絵本が入荷した。もう一冊の猫の絵本。「夜にみちびかれて」文/ロイス・ダンカン、訳/成沢栄里子、絵/スティーブ・ジョンソン&ルー・ファンチャー。
 アクリルとたぶんパステルとでちょっと立体的に、写実的に描かれた夜を歩く猫。詩のような文章が雰囲気を盛り上げる。言うなれば絵本らしい絵本であるが、絵画としてもとても良くできている。
 何しろ猫の仕草をよくわかっている。画家も作家も猫を飼った事がなくてはこうは描けまいという雰囲気がそこかしこにあふれている。猫と一緒に夜散歩した事がない人は是非この本を手に取ってみるべき。

夜にみちびかれて
ロイス・ダンカン スティーブ・ジョンソン ルー・ファンチャー 成沢 栄里子 Lois Duncan / BL出版
スコア選択: ★★★★★

 本を手に取るもなかなか手に取れない猫の手。猫の手は親指が短かっただろうか?鳥のように反対側に付いていただろうか?猫を描くにはやはり身近にモデルが欲しい物だ。
[PR]
by marshM | 2006-03-21 18:09 |
<< テキーラを飲むワケ 獲物 >>