タグ:青 ( 257 ) タグの人気記事
誰を呼ぶ声
e0087225_1838357.jpg 最初にその声を聞いたのは小雨降る夕方。出先から戻り階段を上ろうとするとどこからか子猫が母猫を呼ぶ声が聞こえた。横浜で地域猫の親子を餌付けした経験から、間違いなく母を呼ぶ声だと思った。その時は疲れてもいたので気に留めるだけでやり過ごした。
 その日の夜、寝付けず布団の中でインターネットを見ていると、やはり子猫が母猫を呼ぶ声。声の反響からしてどうやら一階駐車場のあたりではないかと思うのだが、わざわざ布団から抜け出して見に行くのは億劫でいつの間にか眠ってしまった。
 次の日、昼間にかすかな鳴き声。なんだか少し元気がない。雨も小降りになったので見に行ってみるが、人の気配を察知したのか鳴きやんでしまった。
 そしてその日の夕方。カミさんと出先から戻ると、確かに駐車場から鳴き声が聞こえている。こちらからも猫の鳴き声をまねして呼びかけると、ハッキリと答えが返ってきた。駐車場の放置された車のエンジンルームの中。鰹節を家から持ってきて誘うと、小さなキジトラ猫がひょこひょこ這い出してきた。
 3ヵ月にも満たないだろう、まだ乳離れをして間もない仔猫。この地域は生ゴミの管理がしっかりしているからおいそれと手に入る食べ物はない。その呼び声に答えてやらなかったらどうなっていただろうか。
 こうして私たちの元にやってきたキジトラのルー。現在は伝染病の発症を確認するために隔離中。元気でやんちゃな家族がまた増えてしまった。
[PR]
by marshM | 2012-07-06 18:55 |
無惨
e0087225_19571648.jpg 我が家のレモンの木に住み着いたアゲハの幼虫がサナギになってからもうかなり経った先日、どうなったかと確認しに行ってみると、サナギには小さな穴が開いていた。羽化した穴ではない、とても小さな穴。その穴からはコバエのような羽蟻のような小さな虫がたくさん出入りしていた。どうやら寄生虫にやられてしまったらしい。
 自然はまさしく弱肉強食。どうしようもない事なのだが、レモンの葉をモリモリ食べるのをハラハラしながら見守ってきただけに、結構ショックを受けてしまった。自然がまだたくさん残るこのあたりで、何故うちの子なのか。全くどうしようもない事なのだが、期待していただけになんだかやりきれない。
[PR]
by marshM | 2012-06-28 20:06 |
レモンの生存競争
e0087225_237338.jpg 梅雨時の台風は、通り過ぎても“台風一過”と言った具合に晴れ渡る事はないようである。いつまでもジメジメとして、確かに雨期の到来だと思わせる雰囲気がある。
 刻一刻と近づく台風の進路を見据えて、一番風が強くなりそうな時間にレモンの木を室内に退避させた。まだ小さな小さなレモンの実が風に煽られてポロリと落ちるのを防ぐためだ。その甲斐あって今回の台風による被害はゼロ。我が小さき果樹園の平和は守られた。
 風が回り雨と共におさまった頃、ベランダの定位置に戻したレモンの木。翌朝確認すると一粒小さな実が地面に落ちていた。風も雨も当たらず、いったいどうして落ちてしまったのか。せっかく避難させたというのにこの始末、決して多いとは言えない残った実は、果たして黄色く熟れるまで成長できるのだろうか。
[PR]
by marshM | 2012-06-20 23:18 |
噪夏
e0087225_0333432.jpg
 今年、梅雨入り宣言が出されたと聞いた時に思ったのは夏がやってくると言う事だった。梅雨と言えばもう明確に春の終わりである。これから夏に向かう事はあっても春に戻る事はない。
 そして雨が降り出すと田んぼに水が入り、時を同じくしていろんな生き物を見かけるようになってくる。水路のカブトエビや藻をたくさん食べて緑色になったエビに始まり、小さな羽虫、甲虫、糸トンボ。遠くからはカエルの声も聞こえてくる。
 今年は賑やかな夏になりそうだ。
[PR]
by marshM | 2012-06-18 00:38 |
BG
e0087225_23395353.jpg 猫たちのウンコが臭い。前々から臭い臭いと思っていたのだが、最近は加えて軟便、血も混じるようになってきた。
 あわてて動物病院に3匹とも連れて行くと、便の中に悪玉菌が増えているのだそう。悪玉菌はどうやら移るらしい。抗生物質と悪玉菌を退治する薬をもらって帰ってきた。
 便秘と下痢を繰り返すのはそう言えば私の持ちネタ。そんな所まで飼い主に似なくても良いのに。時所かまわず餌をねだる猫たちにカリカリを出しつつ、ヨーグルトでもかけてやろうかと企んでみる。
[PR]
by marshM | 2012-06-07 23:52 |
大きな空
e0087225_23352756.jpg 金環日食の日、我が家の周辺は気持ちよく晴れ渡った。遮る雲はなく、急遽手に入れた日食眼鏡と3倍太陽観測双眼鏡が大活躍した。
 たかだかマンションの3階ほどの高さ。それでも周りに普通の住宅ばかりだと、空は大きく広い。欠けていく朝の太陽をダイニングの床に座り込んで眺めるなど、あの北西を向いた都心の部屋では想像もつかなかった。
 奇跡的に回復を見せた空模様も、次の日には一転して雨になった。夕方雨雲が切れて晴れ上がった東の空には大きな虹。空が大きいと虹も大きく見えた。
[PR]
by marshM | 2012-05-23 23:44 |
かさなる時
e0087225_19562760.jpg 明日の朝は金環日食。日本の首都圏では173年ぶりとか。20年前にドリカムが「2012年の金環食まで・・・」と歌っていたのを気に入って良く聞いていたのだが、当時はずいぶん先の話だと漠然と思っていた。同じ様な事を思い出した人は多いらしく、TVの特集でもあの歌が流れるのを良く耳にする。
 元々天文には興味があったから、皆既食や金環食は一度は見てみたいと思っていた。ニュースで聞くのは海外の話題ばかりで、今回居ながらにして金環食が見られるのは実にありがたい。近所であっという間に売り切れになった日食観察眼鏡をAmazonでお急ぎ注文して準備は万端である。
 それにしても明日の天気予報はあまり思わしくない。午後になって雲も厚くなってきた。昨日はツバメが低く飛んでいた事をつぶやいてしまったが、本当になりそうで後悔している。後は奇跡的に晴れる事を祈るのみ。日食観測に期待している老若男女の中に晴れ男晴れ女の割合はどれくらいいるのだろうか。
[PR]
by marshM | 2012-05-20 20:10 |
飛び交う影
e0087225_19571453.jpg
 今度の住処もまた川が近い。ちょっとばかり生活排水の臭いも混じるが、それでも身近に水のある生活は何故か心が落ち着く。
 今まで住んでいた地域はおしなべて川の上をコウモリが飛んでいたが、今度もまた宵闇が迫ると小さな影がパタパタと飛び交う。ただ違う所と言えば数が多いこと。夕方飛び交う虫が多ければそれを補食するコウモリもまた多いという訳か。
 昼はツバメ夜はコウモリ、飛び交う動物が多い事に驚くと言うことは、横浜東京とそれでも自然の多い地域に住んできたとは言え、なにがしか決定的に違うと言うことなのだろう。当然と言えば当然なのだが、改めて考えると非常に面白い。
[PR]
by marshM | 2012-05-18 20:09 |
東京土産
e0087225_1554491.jpg 東京観光の途中、スカイツリーはまだ開業前で展望台に登る事は出来ないので、それならばと東京タワーに上る事になった。
 東京タワーには二度か三度上った記憶がある。階段を下から徒歩で上った時はまだ小学生だった。確かお土産屋さんで電飾が点くかっこいいミニチュアを売っていたと記憶していたので、展望台と麓のビルの土産物売り場をぶらぶらしてみた。
 ところが小一時間ほど端から端まで歩いてみたのだが、どうもちゃちな物しか見当たらない。私の記憶が曖昧だったのか、以前はちゃちに見えなかっただけなのか。ハッキリしないし腑に落ちないのだが、いくら探しても見つからないのであきらめる事にした。
 夜店の屋台と土産物屋はテンションが上がっている間は宝の山に見えるが、落ち着いてよく見れば大した物は置いていない、と言う事なのだろうか。
 
[PR]
by marshM | 2012-05-05 23:59 |
床上浸水
e0087225_071253.jpg 猫たちの住環境、餌を換えてケージに束縛されない環境に移行しようと試行錯誤を始めた矢先のことである。夕べはちょっと疲れて酔いも回っていて、風呂の栓を抜き忘れてしまった。おまけに明け方洗面所のドアを開け放ってしまったため、朝起きると部屋中水浸し。好奇心旺盛なトワが湯船に落ちてあちこち歩き回ったらしい。
 思えば黒猫プスも色々悪さをした。走り回って飛び回った挙句に高い液晶モニタを蹴飛ばしてお釈迦にしたときは本気で追い出そうかと思った。それに比べれば部屋中水浸しなど可愛いものだ。抗菌モップで拭けば一石二鳥、湿気の多い今日のような日でも裸足でさらさら気持ちいい床になった。
 仔猫が二匹なら留守にしても寂しくないだろうと考えたのだが、思いっきり裏目に出たような気もする。
[PR]
by marshM | 2012-05-03 23:59 |