タグ:酒 ( 52 ) タグの人気記事
最近の初詣
e0087225_16171027.jpg 新年の行事として定着しつつあるのは初詣。いや、初詣というと語弊があるし、初詣自体は毎年行っている事だ。ここは食べ歩きと言った方が良いかもしれない。
 氏神様にお詣りした後、より大きな神社の参道に並ぶ屋台を冷やかして歩く。今年は不況のせいか屋台の数が少ないが、お詣りする人出も少なめなので見て歩きやすい。駄菓子や粉ものを立ち食いした後は、毎年寄る屋台ではないお茶屋さんでカップ酒とおでん。昼間にごくりと飲む熱燗はたまらなく美味しい。
 タコ焼きをハフハフと頬張ったら帰り道はあっという間。甘酒と日本酒で温まった体が冷めないうちに家路を急ぐ。取り立てて美味しいわけでもなく珍しいわけでもない出店巡りだが、年に一度の楽しみになってきた。
[PR]
by marshM | 2013-01-03 16:29 |
花見
e0087225_0454287.jpg
 今年も花の季節がやってきて、良く行く立ち飲みBARのお花見に誘っていただいた。日曜の昼下がり、前日までとは打って変わって暑いくらいの日差し。お花見にはうってつけの日だ。
 BARの常連が集まるだけあって、出てくる酒もおつまみもなかなか凝ったものが揃う。うちもワインとDELI風のつまみを用意してふるまった。
 酒が進めば話も弾む。よく見る顔もはじめてみる顔も、花と酒で上機嫌。楽しいひと時を過ごすことができた。
[PR]
by marshM | 2012-04-09 23:59 |
名刺
e0087225_21175059.jpg とある忘年会で多くの人にお会いした。異業種交流会のような雰囲気になって、当然名刺交換会が始まる。随分多くの名刺が集まった。皆がSNSに参加していると言うので翌日友達申請を送る。
 何枚もの名刺を前にしてふと思う。名刺には名前と会社しか書いてないが、SNSにはその人の人となりがはっきりと現れる。SNSで繋がってしまえばメールもチャットも電話さえもかけられるのだったら、名刺の立つ瀬がなくなってしまうではないか。
 私のような名前を覚えるのが苦手な者にとって名刺とそこに書き込む情報は重要なアイテムなのだが、そんな時代も終わりを告げようとしているのではないか、と言うのは言いすぎだろうか。言いすぎだとしても、その下地は十分整っているような気がする。
[PR]
by marshM | 2011-12-23 22:16 |
知られざる楽園
e0087225_23561494.jpg 晩御飯の後、面白いテレビ番組も無いので二人で散歩に出た。普段歩いている駅の方向からそれて、川向こうまで。
 川向こうには大都会の隙間にひっそりとたたずむ静かな町並みがある。鉄道の駅からはどこからも少し遠い場所にあるため、昼間は少し寂れた雰囲気。その町並みが日が暮れると一変して良い感じに変身する。
 細い路地の角を曲がるたびに赤い提灯や雰囲気の良い看板。焼肉、おでん、寿司、カウンターバー。繁華街ではないから華やかに建ち並んでいるわけではない。せいぜい路地ごとに二軒ほどが軒を並べている。
 いつも利用する駅を中心に今まで遊んでいたが、まさか川向こうにこんなワンダーランドがあったとは気がつかなかった。これから週末ごとに楽しみが増えそうだ。
[PR]
by marshM | 2011-11-10 23:55 |
隠れ家
e0087225_0484783.jpg 東京に居を移して良かった事と言えば、遊ぶ場所が近くにたくさんあるという事だ。飲んだくれていても以前のように早い時間に終電を気にする必要が無い。仕事の利便のために越したはずがこれぞ本末転倒というわけだ。
 私の一番のお気に入りは歩いて数分のところにあるスタンディング・バー。7・8人も入ればいっぱいになってしまう狭いカウンターのみの店内に入れば、いつの間にかすっかり顔なじみになった常連さんたちが目で挨拶を送ってくる。もちろんバーテンも気持ちよいサービスとおいしいカクテルを出してくれる。
 いつも夫婦で話しているのだが、居心地のいい店とは店員や客同士が程よい距離感を保っている。常連だから特別扱いをするとか、誰彼かまわず客同士盛り上がるのはどうも私たちの性には合わない。その点ちょっとした有名人もふらりと顔を出すような店は、踏み込んでいい領域というものを心得ているのだ。
 週末の一時、心休まる居場所が我が家以外にもあるというのは良いものだ。一週間の損失パワーをチャージして、家路をたどる顔には自然と笑顔が浮かんでくる。
[PR]
by marshM | 2011-10-26 23:59 |
ホットラム
e0087225_23361740.jpg 一足飛びで春の日が訪れたかと思うと冬に逆戻り。そんな日はホットラム(砂糖小さじ1/ラム45ml/お湯適量/バター一かけ)におろし生姜をひとつまみ。シナモンスティックでかき混ぜると体と共に心まで温まる。体調が悪いカミさんも暖まってゴキゲンになった。



↑ポチッとよろしく。
[PR]
by marshM | 2010-02-10 23:43 |
うたかたの夢
e0087225_145032.jpg 今年の正月、三が日は何だか非常に豪勢に過ごしたような気がする。一日はムール貝のワイン蒸しを大鍋で作って二人で70個近く食べた。二日はエスカルゴを一ダース。それぞれ良く合う白ワインをチョイスして楽しんだ。
 そう書くと何処の富豪の夕食かと思われるかもしれないが、これは全て某所で思いの外安く手に入れたもの。全部合わせても忘年会の会費二人分までは行かない。
 安く手に入れた冷凍食品と言っても馬鹿には出来ない。ムール貝は天然物だし、エスカルゴだってちゃんと殻に入っている。合わせるワインはムール貝にはイタリアのヴェルデッキオ、エスカルゴには定石通りブルゴーニュのアリゴテ。店頭やレストランで買うと結構良い値段で出回っているものだ。
 めざとく見つけて買いそろえるのはうちのカミさん。いわばムール貝もエスカルゴもカミさんの好物なのだが、おかしな物で私も大好物なのだ。腹一杯堪能しつつも本場ヨーロッパで食べたらどんなにおいしいかと思いを巡らせる二人。そう遠くないうちに実現すると良いのだが。



↑ポチッとよろしく。
[PR]
by marshM | 2010-01-03 23:59 |
飲兵衛の台所
e0087225_0473082.jpg
 「お家でバーカロ」と名付けた台所でつまみを作りつつ飲み始める最近の習慣、だんだんとエスカレートして今日はとうとう夕食のメインプレートまで台所で済ましてしまった。後かたづけが楽だからいいのだが、台所に椅子まで持ち込んで二人で飲みながら食べるのもちょっと考え物、なのだろう。程々にしておかないと。
 とは言ってもマッシュルームとズッキーニのアヒージョやビネガーソースに漬けたポークのグリルを本当に熱々のうちに食べるのはたまらなく美味しい。前菜はブロッコリーと茹で卵をマヨネーズとみじん切りオリーブで和えたもの。本場スペインのBARもイタリアのBacaroも顔負けなのだ。一度試してみる?



↑ポチッとよろしく。
[PR]
by marshM | 2009-11-07 23:59 |
宵闇クルーズ
e0087225_0422010.jpg
 参議院選の補欠選挙不在者事前投票に夕方から出て、ついでにハバナクラブ3年を買いに足を伸ばす。夕食前だというのに夫婦揃ってちょっとしたドライブ。最初は面倒くさいなどと文句も出ていたが、夕方のラッシュが終わりに近づいた街中を流すのは、良い気分転換になった。ついでに買ったミモレットの12ヶ月熟成、ラムと美味いチーズがあれば結局の所丸く収まる。


↑ポチッとよろしく。
[PR]
by marshM | 2009-10-16 23:59 |
代打
e0087225_018544.jpg ビール代わりに飲んでいたラム酒が切れてしまった。丁度あったのがチリのデザートワイン。旅館のお膳に付く梅酒のように食前酒代わりに飲んでみたが今一つ興が乗らない。
 そこで一計を案じてベネツィアのバーカロに集うおじさんおばさんたちの様に発泡水で割ってみた。するとこれがめっぽう美味い。イタリア産の発泡水は塩気が多いのか、甘みが控えられて料理にもバッチリ合う。
 デザートワインとして普通に美味しいAnakenaのチリワインだが、面白い飲み方のバリエーションが増えた。


↑ポチッとよろしく。
[PR]
by marshM | 2009-10-15 23:59 |