タグ:猫 ( 187 ) タグの人気記事
流行性感冒
e0087225_22401956.jpg 最初はアズキのクシャミから始まった。何だかだるそうにしているなと思ってみていたらクシャミ三連発。何日かすると今度は三毛猫のトワ。可愛らしいクシャミを立て続けにした後ホットカーペットにぐったり。瞬く間に末っ子のルーから黒猫プスまでクシャミ鼻水が伝染した。
 発症期間はほんの数日、猫の流感らしい。獣医に診せたわけではないから詳しい事はわからないが、食欲が普通にあったので大事にはならないだろうと思っていた。今はもうどの子も元気。ほとんど人間の軽い感冒と一緒だったみたいだ。
 ところで、猫の風邪はいったい何処から来たのだろう?我が家にやってきたばかりのプスのようにこじらせて肺炎、なんて事にならなくて良かった。
[PR]
by marshM | 2013-02-13 23:04 |
うちの手の内
e0087225_1919540.jpg 明け方にとうとう布団の中にやられた。一番上の黒猫プスにもどされた。もどしたブツを処理してシーツを変えて、今日は一日寝不足気味。
 ところで、うちの猫たち4匹はそれぞれ違った特徴を持っている。一番上が黒猫で、次に来たのが白黒のブチと三毛猫、最後はキジトラ。雑種4匹が揃ってストレートフラッシュかと思ったが、唯一茶トラが足りない。では次は茶トラか?などと頭がよぎるが、これ以上増えるのは勘弁して欲しい。
 世の中にはアメショー・ペルシャ・アビシニアン・ロシアンブルー・スコティッシュフィールド・・・なんてロイヤルストレートフラッシュ的な無敵飼い主がいるのかもしれないから、取り敢えず掛け金はコールしておく。
[PR]
by marshM | 2013-01-29 19:28 |
ペットのスタンス
e0087225_2324821.jpg うちのアズキはちょっとばかり鼻の悪い猫だ。他の猫たちと違って臭いで好き嫌いを言わず何でもよく食べる。昨日は編みぐるみで遊んでいるうちにお腹が空いたのか、食いちぎって飲み込んだ欠片がお腹に詰まってあわや開腹手術と言う所まで行った。入院した晩に何とか欠片を押し出して、今日無事退院してきた。
 猫の治療費は案外バカにならない。もし開腹手術という事になれば、かなりの出費になる。「こんな事ならペットショップで血統書付の猫が買えるのに」と財布を開けるたびにぼやくのだが、よく考えてみれば血統書が付いていたって風邪もひけばとんでもない物も飲み込む。初期費用が高いだけで保証期間も何にもないのだ。
 うちのアズキはちょっとばかり寒がりである。病院で心細かったのか、戻って来るなりホットカーペットカバーの下に潜り込む。届いたばかりの猫用の服を着せてみたが、それでもやっぱり潜り込む。そんなアズキの姿を見ていつの間にか顔がほころぶ。治療費がかかっても元気に戻ってきただけ有り難い、血統があろうが無かろうがアズキはうちの家族なのである。
[PR]
by marshM | 2013-01-17 23:20 |
台風の天敵
e0087225_055316.jpg 4匹も猫を飼っていると、毎日掃除機をかけても抜け毛が集まる。集まると言っても子供の片手に握れるほどの量だ。掃除機のゴミ捨て目安線に至るまでは一週間以上かかりそうな量である。
 うちの掃除機はサイクロンクリーナーだから、透明な筐体の中を遠心力で分離されたゴミがクルクル回っているのが見える。ところが猫の毛は軽くて中心のフィルター部分に引っかかりやすい。少しでも引っかかりはじめるとそこにどんどん後から来る毛が溜まってしまう。溜まってしまうと全てのゴミや埃がそこで止まって、クルクル回らなくなってしまうのだ。
 猫の毛は軽くてギュッとまとめればフェルトのようにコンパクトになるのだが、どうもサイクロンクリーナーとは相性が悪いようだ。それでもこまめに中身を捨てて、クルクル回る様を見るのは何だか面白いから、収支は合っているのだろう。
[PR]
by marshM | 2013-01-13 23:59 |
寒がり
e0087225_15344835.jpg
 いつの間にやら年明けから数日が過ぎてしまった。今日は仕事始め。朝から空は晴れ渡り、寒さも少しゆるんできたようだ。
 日中さほど寒くはないとは言え、それは服を着込む人間の感覚。猫たちは思い思いの暖かな場所で過ごす。中でもアズキは一番の寒がりで、セラミックヒーターが稼働していれば火傷しそうなくらい近くで温風を遮り、ホットカーペットが入っていれば本体とカバーの間に潜り込む。夜は布団の中でピッタリくっついてくるから人間はアンカいらず、どころか汗びっしょりだ。
 今日も暖かな日だまりなど見向きもせず、ホットカーペットの中に潜り込むアズ。いっそのこと服を買って着せてやろうかとちょっと斜め上に向かって相談中。
[PR]
by marshM | 2013-01-07 15:45 |
明けましておめでとうございます
e0087225_1639141.jpg 旧年中はたくさんの方々にお世話になり、おかげさまで個展を開く事も出来、そこから広い世界が開けました。とは言え、まだまだスタート台に立ったばかり。これからも叱咤激励頂けるとよりいっそうの励みになると思います。
 さて、今年はちょっとばかり変わった事をしてみようかなと。いや、言うほど変わった事ではありませんが、自分にとっては全く違った事というか。何しろたくさん作品を作っていこうと思います。今年も変わらずよろしくおつきあい願えれば幸いです。
[PR]
by marshM | 2013-01-01 16:45 |
病人
e0087225_17134035.jpg 風邪をひいた。熱が出る風邪はずいぶんと久しぶりの事だ。
 体がだるくてぐったりしていると、我が家の猫たちが心配そうに寄り添ってくる。「何かいつもと違う!」「なんで遊んでくれないの?!」「寒いから暖めてあげる!」と、人語をしゃべるわけではないがあたかもそんな風な態度をとるのだ。
 だからといって猫たちが大人しく病人をそっとしておいてくれるわけではない。あっちこっち駆け回っては餌を食べ、臭いウンコをする。一晩ぐっすり休んで熱も下がったが、あれこれ世話に追われるうちにまた熱が上がってきそうだ。
[PR]
by marshM | 2012-12-02 17:27 |
暖かな場所
e0087225_1956326.jpg 朝のうち晴れていたと思ったら、いつの間にかどんよりとした曇り空。北風が強く吹いているわけではないが暖房をつけないと部屋がすっかり冷え切ってしまう。
 関東にいようが関西にいようが、夏は暑いし冬は寒い。換気扇を使っていると玄関ドアがエアロックを開いた時の様に空気が抜ける音がするほど密閉度の高い部屋でも、東も西も関係なく部屋は寒くなる。
 特に冷え込んできた今日は、いつも膝の上に乗ってくるルーに加えて、アズキまですり寄ってきた。部屋の暖房を弱から強に切り替えた。
[PR]
by marshM | 2012-11-29 20:03 |
金縛り
e0087225_21511494.jpg 毎夜毎夜、金縛りに合う。草木も眠る丑三つ時、ふと気がつくと布団の中で身動きが出来ないのだ。体の上にのしかかる重み、かすかに耳へと届く息づかい、そして突然迫り来る何者かの足音。
 この冬一番の冷え込みが続く夜は暖かい布団に首まで包まれていないと風邪をひきそうなくらいに寒い。それは人間のみならず、毛皮を被った猫たちでも同じ事らしい。夜、寝室に人間が引き上げる頃、一渡り駆け回って運動をした後に程よく暖まった布団に潜り込んでくる。今までのように黒猫プスが足の間に滑り込んでくるだけなら良かったが、気がつくとアズキ・トワ・ルーもそれぞれお気に入りの格好で布団の中や上に乗っかってくる。これでは金縛り、ならぬ猫縛りだ。朝起きると寝返りもままならない体はあちこちギシギシ軋んでいる。
 今夜も大分冷え込んできた。風呂から上がったらアイアンメイデン・・・いや鉄壁の猫囲みが待っているのだろう。それもまた愛らしいのだが。
[PR]
by marshM | 2012-11-15 22:05 |
深秋の攻防戦
e0087225_18422262.jpg 今夜から寒気団の南下で気温が低くなるらしい、と言う天気予報を聞いて、あわてて観葉植物たちを家の中にしまい始めた。
 観葉植物、つまり緑の葉っぱが家の中にあると大喜びするのがウチの草食系女子、キジ猫のルーだ。目を輝かせて寄ってくる。ちょっと目を離しているうちに、島クワズイモの新株とバルタン星人似の葉はすっかりかじられて丸坊主になってしまった。
 ビニール袋をかぶせたり、壁を作ってみたり、山脈の最高峰に置いてみたり、猫たちと観葉植物の戦いは終わりがない。これで大丈夫と安心しても、奴らは思いも寄らぬ方法で飛びつくのだ。
 冬の寒さは屋内でしのげるが、春が来るまで今ある葉が保つかどうか、微妙な所だ。どうしたものか悩みはつきない。
[PR]
by marshM | 2012-11-13 18:50 |