<   2013年 01月 ( 20 )   > この月の画像一覧
新しい手法
 ホームページの構成をブログやCMSに使うWordPressで組むために、自分のパソコン上でサーバのようにシステムを動かす事が出来るツールを入れて、まずは制作環境が整った。デザインはほとんど(頭の中に)出来上がっているから、後は構成を考えて制作にかかるだけ。
 構成を考えてみたけれど、大して大がかりなページは無い。新たにブログを自サーバに立ち上げるのと、ギャラリーとニュースの更新を楽にするくらい。果たしてWordPressのテンプレートを苦労して作る必要があるのかとふと疑問がよぎるが、何事も挑戦は必要だ。仕事に繋がるテクニックが身に付くかもしれない。
 さあそれではデザインを実際に起こしはじめようと取りかかったら、仕事の電話がかかってきた。ちゃんと終わるのか?
e0087225_22395277.jpg

[PR]
by marshM | 2013-01-31 22:47 |
リニューアル準備
e0087225_1954209.jpg やっと自分のホームページ更新に着手したのだが、リニューアルするのにWordPressを入れようとしてつまずいてる。どうせならローカルで動くのを確認してアップしたいなんて、O型とも思えぬ理由から手間取っているのだ。ちょっとばかり面倒くさい作業が続きそうで、更新までは時間がかかりそうだ。
[PR]
by marshM | 2013-01-30 19:57 |
うちの手の内
e0087225_1919540.jpg 明け方にとうとう布団の中にやられた。一番上の黒猫プスにもどされた。もどしたブツを処理してシーツを変えて、今日は一日寝不足気味。
 ところで、うちの猫たち4匹はそれぞれ違った特徴を持っている。一番上が黒猫で、次に来たのが白黒のブチと三毛猫、最後はキジトラ。雑種4匹が揃ってストレートフラッシュかと思ったが、唯一茶トラが足りない。では次は茶トラか?などと頭がよぎるが、これ以上増えるのは勘弁して欲しい。
 世の中にはアメショー・ペルシャ・アビシニアン・ロシアンブルー・スコティッシュフィールド・・・なんてロイヤルストレートフラッシュ的な無敵飼い主がいるのかもしれないから、取り敢えず掛け金はコールしておく。
[PR]
by marshM | 2013-01-29 19:28 |
すきま風が吹くように
e0087225_18232965.jpg 最近の建物、特にマンションの類は密閉度が高い。だから換気扇をめいっぱい回すと玄関扉を開ける時に、SF映画の宇宙船のハッチを開けるような音がする。それは前回のデザイナーズマンションもちょっと築年数の経った今回のマンションも同じ事だ。
 ただ、今回のマンションは微妙に隙間があるらしい。窓上部につけられた換気用の仕切か、サッシ自体か、どこかに隙間があって甲高いピープーという音が鳴る。それどころか北風が強く吹き付ける日にもピープー鳴るから、なんだか見かけに反してオンボロな家のイメージが頭をよぎる。
 子供の頃はさして貧乏でもないのに家はピープー・ミシミシ音がしていた。一般的に今ほど密閉度の高い建築ではなかったから、気候に人間が合わせていた名残があった。だから壁紙をめくってみると結露跡に黒カビがみっしり、なんて事もない。生活環境が便利に向上するのは良いが、やっぱり何か不便さは付いてくるのは仕方がない事なのだろうか。
[PR]
by marshM | 2013-01-28 18:38 |
洗濯指数の絶対値
e0087225_19181965.jpg アルプス山脈が湿った空気を雪へと変え乾いた北風を吹き下ろす関東平野と違って、関西の一部の地域は北風が湿っているように感じる。乾燥するはずの冬の晴れ間、洗濯物の乾きが遅いのだ。厚手のパジャマなどは陽が暮れても室内で干し続ける事が多い。
 昨日今日と低気圧の影響で強い風が吹き続いている。最初は南よりの温い風だったが、低気圧の移動に伴って冷たい北風が強くなった。外へ出るのが嫌になるくらい寒く冷たい風だが、おかげで洗濯物が良く乾いた。早めに片づいたベランダで空を見上げていると、広い空にまん丸い月が昇りはじめた。
[PR]
by marshM | 2013-01-26 19:31 |
隣の事情
 今住んでる所はペット可のマンション。だから住人たちは様々なペットを飼っている。窓から外をうかがう猫、ドア越しに聞こえてくる犬の声、なぜか廊下に出されているハムスターのケージ。それぞれにペットライフを楽しんでいるようだ。
 ベランダに出て水やりをしていると、隣の部屋から小型犬の鳴き声が聞こえてくる。たぶんパグか何かの特徴的な鳴き声。鳴き真似をして楽しんだりしていたのだが、最近パタリと聞こえなくなった。もしかして高齢で亡くなったのかもしれないねと話していた。
 今日、ベランダに出ているとどこからかあの特徴的な鳴き声。しかしちょっとくぐもって遠くから聞こえる。もしかすると今までこちらに近い部屋で過ごしていたのが、遠い側に移っただけだったのかもしれない。何はともあれ、人のペットの心配までする自分たちがおかしくて、お日様に向かって笑ってみる。
e0087225_2032522.jpg

[PR]
by marshM | 2013-01-25 20:38 |
天気予報
e0087225_1845196.jpg 東京の家では川面の変化で気象の遷移を感じ取っていた気がする。目の前に大きな運河が流れていたから、遠くに低気圧があればうねりが白波を作り、月の満ち欠けが水位を変える。テレビの天気予報は広い範囲を予測するから、そんな変化が地域的な天気の流れを補足する事が出来るのだ。
 今は目の前の窓から広い空が見えていて、以前は川に奪われていた目を引きつける。山を越えて来る風と気圧の変化が様々な形の雲を作り出す。もう少ししたら天気予報も出来そうだ。
[PR]
by marshM | 2013-01-23 18:52 |
美味しい物を食べてる?
e0087225_22571810.jpg
 キウイの実を一口食べたら、味がしなかった。本来キウイは苦手なのでなるべく食べないようにしているのだが、その苦手な味がしないというのも不思議な物だ。甘くも酸っぱくもない、ただ水っぽい果物はそれだけで不味い。
 最近冬に出回る蜜柑は甘さの強い美味しい蜜柑が多い。いつどこで買ってもほとんどハズレがない。私の子供の頃は出始めの蜜柑と言えば酸っぱい物だったが、今では酸っぱさなど微塵もない。
 本当に美味しい物とは何なのだろう。ただ甘い、ただ辛い、ただ旨味が多い物が本当に美味しい物なのだろうか?
[PR]
by marshM | 2013-01-21 23:06 |
シモヤケ再び
e0087225_18591571.jpg
 冬も一番険しい峠にさしかかり、とうとう私の足に霜焼けが出来た。左足の血の巡りが悪いのか、座って仕事している姿勢が悪いのか、何故だか決まって左足から霜焼けになる。
 今は家で仕事をしているから特になんと言う事もないのだが、これが通勤となると結構つらい。寒空の下バスや電車を待って冷え切った体が、急に暖房の中で温まると、血の巡りが良くなって霜焼けが痒くなる。靴を脱いでさするわけにもいかず、ある種の拷問になるのだ。
 家にいるのならば足を掻こうがさすろうが人目をはばかる事はないのだが、そんな事をしたって霜焼けは治らない。薬を買ってこようと思っているが、何より早く冬が終わってくれる事が一番なのだけれど。
[PR]
by marshM | 2013-01-20 19:18 |
ペットのスタンス
e0087225_2324821.jpg うちのアズキはちょっとばかり鼻の悪い猫だ。他の猫たちと違って臭いで好き嫌いを言わず何でもよく食べる。昨日は編みぐるみで遊んでいるうちにお腹が空いたのか、食いちぎって飲み込んだ欠片がお腹に詰まってあわや開腹手術と言う所まで行った。入院した晩に何とか欠片を押し出して、今日無事退院してきた。
 猫の治療費は案外バカにならない。もし開腹手術という事になれば、かなりの出費になる。「こんな事ならペットショップで血統書付の猫が買えるのに」と財布を開けるたびにぼやくのだが、よく考えてみれば血統書が付いていたって風邪もひけばとんでもない物も飲み込む。初期費用が高いだけで保証期間も何にもないのだ。
 うちのアズキはちょっとばかり寒がりである。病院で心細かったのか、戻って来るなりホットカーペットカバーの下に潜り込む。届いたばかりの猫用の服を着せてみたが、それでもやっぱり潜り込む。そんなアズキの姿を見ていつの間にか顔がほころぶ。治療費がかかっても元気に戻ってきただけ有り難い、血統があろうが無かろうがアズキはうちの家族なのである。
[PR]
by marshM | 2013-01-17 23:20 |