<   2010年 05月 ( 18 )   > この月の画像一覧
私の決断
e0087225_1264313.jpg 何だか今年後半は試練の時になりそう。期待が大きい分不安もいや増す。少しずつ地固めして少しずつ変わらなければ。
 iPadが予約開始になってから2・3日悩み抜いて、いざ買おうと決心したら店頭予約が終了、アップルストアでの6月7日までの発送分を申し込んだ。ふたを開けてみれば発売当日や翌日でもそう大変な思いをせずに買えたようだ。発送予定最終日近辺はゴタゴタしているから、受け取ったとしてもすぐには開封できないだろう。そうなるとこの週末に買いに走った方が良かったのかもしれないと軽く後悔する。
 気を取り直して思い返せば、悩んだ2・3日の間にアメリカ購入組のiPadを一通りいじらせてもらったから、何もいち早く手元に無ければならない理由はない事に気が付いた。それならば一切の悔いは無し。この先もっと重要な決断の場面は沢山現れる。迷いに迷ったとしてもしっかりとした決断を下す事こそが大事なのだろう、と思うのだが、どうだろうか。



↑ポチッとよろしく。
[PR]
by marshM | 2010-05-30 23:59 |
人工知能
e0087225_0445338.jpg
 人間が活動するエネルギーは、宇宙の全ての物質と同じように質量保存の法則が適用される。それは、光が物に当たって熱に変換されるように、人の活動が死をもって止まってもその人のエネルギーは色んな形になって後世に残るのだ。ずいぶん前にふと思いついて、バーのカウンターで誰かに語った言葉。
 木本雅彦著『星の舞台からみてる』では同じ様な考えが元になったストーリーだ。それはさておき最近この話のようなネットの仮想人格がSFでよく取り上げられている。たまたま私の読んだ本が片寄っていただけかもしれないが、『廃園の天使』シリーズなどは仮想都市に住むAIの人権にまで言及している。
 先日iPadが発売され、私もご多分に漏れず予約をした口なのだが、出遅れたために現物はまだ届かない。マウスもキーボードも付随しない端末の姿に多くのSF映画のシーンを思い出す。ネットが発展し端末が簡単化すればもうそろそろ人間の補助的な人工知能ぐらい実現しそうなものだ。と「6月7日までに発送」の文字をパソコンのモニターで眺めつつ夢想する。



↑ポチッとよろしく。
[PR]
by marshM | 2010-05-29 23:59 |
帰ってきたヤスミン
e0087225_056397.jpg 去年の初冬、寒さに葉を一枚一枚落とし始めたアラビアジャスミン、冬の間は新聞紙とビニールを巻いて家の中で過ごした。九割の葉が落ち、緑の枝が少しずつ枯れ枝色になっていくのを見て、これはもうダメなんじゃないか、上手く保っても来年は花をつけないかもしれないねと話していた。
 そして一日の最低気温が5度を割らなくなり、やっと日光の恩恵を受けられるようになったジャスミンは、日に日に回復し新芽を付け葉を増やし始めた。気の早い事に新しい枝の先には薄白い花芽まで付いている。毎日その生長具合を見ては胸をなで下ろしている。
 以前カミさんに指摘された事だが、私は枯れそうでも何とか生き延びたり、ダメでも元気な時に落とした種子が芽を出したりと言った事に妙に愛着を感じるようだ。大事に思ってと言うより、放って置いて枯らしたのにしぶとく生きていた事が、「そうかそうか、帰ってきたか」と愛着を引き出すのかもしれない。
 なにしろ、またあの花の香りを楽しめるのは嬉しい事だ。



↑ポチッとよろしく。
[PR]
by marshM | 2010-05-28 23:59 |
絶え間なく
e0087225_1542561.jpg 強い風が吹くがそれを押しのけて熱を降り注ぐ太陽。夏のように暑い東京の空は白く霞みながらも清々しかった。
 先週、庭でトカゲの子供を見た。今週は睡蓮鉢に入れたメダカに稚魚が生まれた。アラビア・ジャスミンの伸び続ける茎の先端に花のガクのような物がつき始めた。
 季節は順調に巡っている。ちょっと心配になるくらいに順調だ。今年の夏はどんな夏になるのだろうか。



↑ポチッとよろしく。
[PR]
by marshM | 2010-05-25 23:59 |
旗揚げ
e0087225_1252296.jpg
 仕事仲間3人で会社を作る事になった。とは言ってもその中の一人のお父上が遺された会社を引き継ぐ形なので、会社形態は既に存在している。書類上は引き継ぐ形でも動かすのが我々3人しかいないので、全く新しい内容での再スタートになる。
 長い間フリーで仕事をしていたから通勤しなければならないのが大変だが、そろそろ本腰を入れて一旗揚げてもいい頃。仕事内容はほとんど変わらないが会社運営という責任も出てくる。久しぶりにドキドキしている今日この頃なのだ。
 本格的にオフィスを構えるのは秋口になりそうだが、もう既に総出で営業にかかり始めている。どうやら今年は遠くに旅行している暇は無さそう。それでも来年の今頃は何を思っているのか想像も付かない状況が何とも楽しい。



↑ポチッとよろしく。
[PR]
by marshM | 2010-05-23 23:59 |
開放感
e0087225_1421382.jpg ついこの間まで雨が降れば肌寒い、風が吹けば上着がいると口に出していたのに、ここ数日の雨が続いていた間は実に蒸し暑かった。特に今までの調子で閉めきった仕事部屋は、パソコンがヒーター代わりになっていらぬ汗をかいてしまう。
 普段なら暑いからと窓をせいせいと開け放っていると、うちの悪戯猫が反対側をこっそり開けて忍び出たり、いつの間にか野良猫が網戸を自分で開けて居間でくつろいだりしていたのだが、外猫の餌やりをやめてウチのプスをしばらく実家に預かってもらう事にしたら本当にせいせいと開け放つ事ができるようになった。
 とは言っても視界の隅に黒猫の影が横切ったような気がして振り返ってみたり、玄関を開ける時に隙間を最小限にして滑り出したり、どうも体は同居人の挙動を染みこませているようで困る。当の本人(本猫)はのびのびと違う環境を飛び回って楽しんでいるらしいのだが。



↑ポチッとよろしく。
[PR]
by marshM | 2010-05-20 23:59 |
甘い誘惑
e0087225_1142545.jpg 夜、とっぷり暮れた空の下に出ると、ささやかな風に乗って甘い香りが運ばれてくる。あれはクチナシだろうか。南国の首飾りのように頭の芯をしびれさせる誘惑。香りの元を探しに闇へと一歩踏み出て思いとどまる。



↑ポチッとよろしく。
[PR]
by marshM | 2010-05-18 23:59 |
断腸の思いはいずこに
e0087225_2251313.jpg ここ数日度々ニュースで話題になっているが、猫のマーキングは確かに迷惑だ。うちもしばらく野良猫に情けをかけていたが、余りの臭さにスッパリ餌を分け与える事をやめてしまった。
 何匹かうちに顔を出す猫の中で、度々ブログの話題にもしたガコちゃんは、一番の古株で体も小さい。他の猫たちはどうなっても誰かしら可愛がってくれそうな風貌をしているから安心なのだが、ガコちゃんだけはちょっと残念な色柄をしているのでついつい心配してしまう。餌やりをやめた時は彼女の行く末が一番心配だったのだが、真新しく可愛らしい鈴付きの首輪を付けて現れた。
 誰か面倒を見てくれる人ができたようで一安心。と喜んでいるのだが、相変わらず追いかけ回す雄猫からうちの庭に避難してきて、居心地良さそうに丸くなるのはどうした物なのか。もうご飯は出てこないのだよ?



↑ポチッとよろしく。
[PR]
by marshM | 2010-05-16 22:59 |
水鉄砲
e0087225_1112765.jpg 昔、小学生向けのスイミングスクールに通っていた頃に、コーチが楽しげにやっていた手だけを使った水鉄砲が真似できなくて悔しかった。右手の三本の指を左手で握り、水から持ち上げてピュッと勢いよく飛ばすのだ。
 風呂に入るたびに思い出しやってみるのだがなかなか上手く行かない。それが今日やっと上手くできるようになった。何の事はない、右手の三本の指を心持ち曲げ気味にして空洞を作っていたのだ。文章で書くと簡単だが、左手で握る指を真っ直ぐにせず曲げるのは少し無理な力が加わり形作りにくいのだ。それだけにかかる圧力で水が遠くに勢いよく飛ぶのだが。
 まったく、いい大人が風呂の中で何をやっているのか。おかげですっかりのぼせてしまった。



↑ポチッとよろしく。
[PR]
by marshM | 2010-05-15 23:59 |
花も色々
e0087225_027448.jpg 桜の季節が終わって最低気温が5度を割り込む事が無くなり、アラビア・ジャスミンの新芽が可愛らしく葉を広げ始めた。
 ところが実家に行ってびっくり。結婚して家を出る前は酸っぱいブドウが絡まっていた棚に、ジャスミンが既に小さな花を沢山咲かせていい匂いが漂っているのだ。蔓性だから全く種類が違うのだろうが、あの甘くて少し刺激的な香りはまさしくジャスミンなのだ。
 梅雨の終わりに咲くか咲かないか、ほんのり期待していたのだが、なんだか出鼻をくじかれてしまった。



↑ポチッとよろしく。
[PR]
by marshM | 2010-05-14 23:59 |