<   2009年 12月 ( 22 )   > この月の画像一覧
大晦日という日常
e0087225_1705138.jpg
 一年の締めくくりは朝から飲んだくれていようと考えていたのに、いざお日様の光の下に立ってみればそんな不健全な考えはどこかへ吹き飛んでしまう。コーヒーとパイプでのんびり読書に変更となった。
 午後から足りない物をスクーターで買い出しにでると、北風がピリピリと心地よい。年の瀬もここまで押し詰まるとどこもかしこものんびりムードだ。強い風が大気のチリを吹き飛ばし、空の青は何処までも青く雲の白はまぶしいくらいに白い。
 一回りして戻るとちょうど厨房のおせちの支度も出来上がったようだ。日も傾いてやっと飲みの時間がやってきた。

 今年一年もこのブログにおつきあいいただきありがとうございました。
 2005年の9月からはじめたこのブログ、5年目に入ってそろそろマンネリも出てきました。
 来年は少し趣向を変えていこうと考えていますので、変わらずおつきあいください。
 良いお年を。


↑ポチッとよろしく。
[PR]
by marshM | 2009-12-31 17:12 |
年の瀬に何をする?
e0087225_0532726.jpg 仕事が納まった次の日は、大掃除をするでもなく買い出しで終わる。いざ休みに時間が出来てみると、あれもこれもと思っていた事が全て空転して何も出来ない事もあるのだ。日が暮れてテレビを見て酒を飲んで美味い飯を食らって、気が付いてみればいつもと同じである。
 明日はおせち料理に取りかかるカミさんと違って私はちょっとした掃除ぐらいしかやる事がない。取り敢えずテレビを見て酒を飲んで飯を食らって、足す事の香しい狼煙でも上げる事にしよう。



↑ポチッとよろしく。
[PR]
by marshM | 2009-12-30 23:59 |
仕事納め
e0087225_193748.jpg 年内の仕事がやっと納まった。そう思ったら何だか力が抜けてどっと疲れが出た。毎年年末ギリギリは忙しく過ごしているのだが、今年は世間の荒波が強い分こちらにも余波が押し寄せて、ハラハラした分余計に忙しなかった気がする。
 何しろ、今日を限りに今年は仕事の事は考えない。後はパ~っと飲んでプカプカとパイプを吹かして遊んで過ごそうと宣言したら、買い出しが残っているとたしなめられてしまった。おまけに今年はもう2日しか残っていない。世の中うまく行かないものだ。



↑ポチッとよろしく。
[PR]
by marshM | 2009-12-29 23:59 |
例年の冬
e0087225_116755.jpg 例年晴れ渡った正月は風が出ない限りポカポカと暖かな陽気である事が多い。この日曜日も日差しが暖かくいつもの格好で体を動かすと汗ばむような一日だった。日が暮れてもそれほど寒くならないと感じていたら雨が降り出した。海寄りの暖かな風が入っていたようだ。
 いつの間にか新芽を出した居間の熱帯観葉植物にとっては、暖かな冬が嬉しいのだろうか。いくら暖かいと言ってもまだ12月である。冬至は過ぎたが冬の寒さはこれからが本番だ。横浜では決まって雪が降るのは1月から2月にかけて。今年の冬が寒いのか暖かいのか、これからが正念場だ。



↑ポチッとよろしく。
[PR]
by marshM | 2009-12-27 23:59 |
年の瀬
e0087225_157240.jpg 今年も残すところ後一週間を切った。その割には年末の焦燥感が無いのはどうした事か。考えてみるに最近の私の生活形態が原因なのでは無かろうか。
 年の暮れ、人はどんなところに師走の忙しさを感じるのか。歳末の売り出し、道路の混雑、忘年会、大掃除、人それぞれではあるがざわついた街の様子に駆られて気持ちがせわしなくなるという事がほとんどなのではないだろうか。
 さて、私の場合は家で仕事をしているからあまり外に出ない。年末年始に休みはあるが、それをまたいで仕事のスケジュールは組まれる。毎日同じパソコンに向かって同じ様な仕事をしていると、年末のせわしなさはギリギリまで感じない物なのだ。
 今年の仕事納めは29日になりそうだ。ちょっと休暇を取るいつものようにギリギリまで仕事をして後は飲んだくれる、そんなある意味非凡な年の瀬。



↑ポチッとよろしく。
[PR]
by marshM | 2009-12-25 23:59 |
クリスマス・イブ
e0087225_218042.jpg
 全国・全世界のサンタクロースの皆様、お疲れ様でした。そして夢が本当になりますように。



↑ポチッとよろしく。
[PR]
by marshM | 2009-12-24 23:59 |
スタミナ
e0087225_102592.jpg 仕事のモチベーションを維持するのはなかなか難しい。フリーの利点は定期的に新しいクライアント、新しいプロダクションへと入れ替わりがある事で気分を一新できる事なのだが、この不況でどこも似たり寄ったり四苦八苦の状況は変わらない。ここで頑張れば次に大きな案件が来る、と期待が出来ないだけに作業の手も重くなる。
 しかし、そんな事ばかりも言ってられない。今年も後わずか、笑って新年を迎えるために頑張って働かなくてはならない。取り敢えずは明日のために早く寝るとしよう。



↑ポチッとよろしく。
[PR]
by marshM | 2009-12-23 23:59 |
師走鷲
e0087225_1374053.jpg 昼間雑事をこなしにスクーターで走り回る。日差しは明るいが走り出すと剥き出しの鼻と耳が凍える。鼻の奥が空気の冷たさでツーンと痛くなるのは久しぶりの感覚。それでも太陽の明るさに気分は朗らか。
 12月にはあまり車に乗る気がしない。年の瀬は多くのドライバーが荒い運転になるからだ。狭い道での速度超過、赤信号ギリギリの右左折、無理な追い越しと急ブレーキ。つられてこちらもだんだん運転が荒くなる。そんな調子では命がいくつあっても足りないので、12月には車で遠出をする気にならない。
 さすがにお昼時の街は営業ドライバーが皆昼食を取っているので比較的空いている。大してスピードの出ないチョイノリでのんびり街を走り回るのだ。



↑ポチッとよろしく。
[PR]
by marshM | 2009-12-22 23:59 |
地球の光
e0087225_153162.jpg
 以前から常々思っていた事なのだが、新月から満ち始めた、もしくは新月直前の細い月は、太陽の光が当たっている明るい部分だけでなく、普段は見えない影の部分がうっすらと丸く浮かび上がって見える事がある。それを昨日200mmのレンズで撮影してハッキリ確認する事が出来た。
 この影になっているところが目に見える現象、太陽の光が地球に反射し月に届き、それが月の影の部分を照らし出して我々の目に見えるらしい。そこでこれはどういう事かと考えてみる。
 例えば満月の夜、月に反射した光は我々の街に降り注ぎ、そこにある物にくっきりとした影を形作る。それと同じ事が月の上で起こっている、と言う事なのだろう。夜に入った月の大地に立ち、まん丸で青く輝く地球が自分の影を落とすところを想像すると、なんだか不思議な気分になる。



↑ポチッとよろしく。

月の写真を見る
[PR]
by marshM | 2009-12-20 23:59 |
暗闇に煌々と
e0087225_032416.jpg 近所にラーメン屋が出来た。普段私があまり使う事のない県道に面した角にいきなり現れた。
 特に周りに何もない上下4車線と2車線の交差点、向かいには比較的新しい小さなラーメン屋があり何度か食べに行っている。最近乱立しているショッピングモールにラーメンチェーン店が入るのは良くある事だが、主要鉄道駅から計って何処からも距離がある住宅街の真ん中にいきなり派手な色彩が現れると、何事かとびっくりする。場所柄広い駐車場が必須なので、経営不振のコンビニを居抜きで使った形だ。
 ホームページで調べると関西の名の知れた店らしい。美味そうな写真につられて近々行ってみなくてはと期待に胸を膨らませるのだが、思えば向かいのラーメン屋が不憫だ。不憫だと思うが何度か通った味の評価は「特にまた行きたいとは思わない」と感じさせる様なものだったから、自然と淘汰されていくのであろう。こればっかりは情けをかけるわけにも行かない。



↑ポチッとよろしく。
[PR]
by marshM | 2009-12-18 23:59 |