<   2009年 03月 ( 29 )   > この月の画像一覧
機は熟しつつ
e0087225_061490.jpg 花曇りの暖かな一日に桜は5分ほど開花。見上げるとその向こうに細い月が霞む。
 カミさんが出張から帰ってきた。注文したスーツケースを取りに行ってきた。仕事が九分九厘収まった。小説を二冊買ってきた。さて、本腰を入れて支度をしなくては。彼の地は暖かいのか寒いのか。やらなければいけない事は沢山あるのになかなか片づいていかない。


↑ポチッとよろしく。
[PR]
by marshM | 2009-03-31 23:59 |
おそいめざめ
e0087225_1302560.jpg
 朝、窓から入り込む日差しの角度がだいぶ高くなってきた。窓際から少し離れた仕事机のシマクワズイモまでしっかりと届かない。
 居間のエバーフレッシュは今月に入ってから新芽がずんずん伸び出した。秋口から殆ど成長を見せていなかったのに、春が来たとなるとまだ寒い日もあるのに元気になる。おかしな物だ。
 去年までの古い枝は表皮が乾燥して茶色くなっているのに対し、新芽から伸びた枝は初々しい緑色がつややかで、赤ん坊の肌を見ているよう。これから夏までの成長が楽しみだ。
 さて、2週間の不在中、家の中の観葉植物がしっかり生き延びてくれればいいのだが。少し心配だ。


↑ポチッとよろしく。
[PR]
by marshM | 2009-03-30 23:59 |
そんな季節
e0087225_2201154.jpg
 長屋の真ん中、つまり隣の住人が今日引っ越していった。引っ越してきたのが確か去年の今頃、僅か1年程でまた空き家になってしまった。
 隣がいないと思うとなんだかちょっと気持ちが大きくなる。普段抑えめにしていた音楽やTVのヴォリュームが大きくなり、階段を上り下りする足音も勢いが良い。気を遣わないのは楽なのだが、隣が空き家というのも何だか少し寂しい。
 駅から遠く角部屋にはさまれた真ん中の部屋、また当分借り手が付かないのだろう。次も良い人たちが住んでくれるとありがたいのだが。


↑ポチッとよろしく。
[PR]
by marshM | 2009-03-29 23:59 |
・・・・・・
e0087225_313240.jpg

フッフッフッフッフ・・・・・





↑ポチッとよろしく。
[PR]
by marshM | 2009-03-28 23:59 |
『鴨川ホルモー』と『夜は短し歩けよ乙女』
e0087225_2214755.jpg ずいぶん昔の事、私が大学生だった頃に、クラブの行事を写した写真を仲間に見せると、「これ、いかにも男子学生の下宿って感じだよね」と、一枚の写真を指さす同期の女子に言われた。そこには、フィルムの余ったコマ埋めに私の作業テーブルに乗った安ウイスキーのボトルと課題が映っていた。生粋のお嬢様を初めて間近に見た私と同じように、男臭い雰囲気に彼女も初めて触れたのであろう。そう言えばカツ丼を食べる様を興味深げに見ていたのも彼女だった。
 万城目学の『鴨川ホルモー』は話題になったので題名だけは知っていたのだが、文庫になって裏表紙の解説に一目惚れして手に入れた。奇しくも少し前に読んだ森見登美彦の『夜は短し歩けよ乙女』と同じく京都の鴨川界隈が舞台、主人公は大学生、この世とこの世ならざる魑魅魍魎(的なもの)が跋扈する青春ストーリー。どちらもライトノベル的でありながらひと味もふた味も違うのは、実際に魑魅魍魎が隣に佇んでいても不思議のない京都を熟知し語り尽くす技量があるからだろう。とにかく面白い。
 読後にまず頭に浮かんだのは、主人公は日本の最高学府に入ってまでなんでそんな事にうつつを抜かしているのか、であった。と、そこで自分を振り返ってみると、なんの事はない彼らと五十歩百歩の状態だった事を思い出す。入学してすぐにクラブに夢中になり、単位を落としまくった痛い覚えが蘇る。
 日本の大学は特殊な場所だ。学びたい者には幾らでも知識を授けるが、単位の付かない選択科目にこそ得る物が大きい。もちろんそこには現実の魑魅魍魎然とした人々も付随してくるのだが。
 そう言えばかのお嬢様は今頃どうしている事やら。


↑ポチッとよろしく。
[PR]
by marshM | 2009-03-27 23:59
カフェイン中毒?
e0087225_312746.jpg 朝一番に豆から入れるコーヒーはもちろん好きだが、気兼ねなく幾らでも飲めるインスタントコーヒーは欠かせない。思えば作品が一区切り付いた時や壁に突き当たった時、以前なら煙草を一服と手が伸びたのだが、今はコーヒーを一口となる。
 どうせ沢山飲むんだからコーヒーメーカーでひとまとめに作っておけばいいと最初は思った。しかしコーヒーメーカーの保温機能は案外当てにならないし、煮詰まってしまっても美味しくない。下手な作り置きコーヒーよりもインスタントの方が香りが立つと言う事もある。インスタントの入れ立て熱々を持って仕事に戻ると、意外にも席を立つ事で視点が変わりコーヒーは放って置かれる。猫舌も相まって90%以上をぬるくなった状態で飲むのだから、インスタントだろうが入れ立てだろうが大差はない事も確かなのだが。
 数日前からインスタントコーヒーを切らして悶々としていた。花粉症対策のハーブティーを入れてみたが今ひとつ。花粉症の薬を受け取るついでにインスタントコーヒーを見に行くと思ったより高い値段だった。しかしこれで作業がはかどるのならば安い物なのだ。


↑ポチッとよろしく。
[PR]
by marshM | 2009-03-26 23:59 |
覚えてるの
e0087225_1644244.jpg ショッピングモールに併設されたクリニックで処方箋を受け取ると、すぐその向かいに足を伸ばせば処方箋専用窓口のある薬局がある。利便の良さからクリニックの患者は殆どがここを利用するようで、薬が出てくるのを待つソファーには2・3人の人が常に時間をつぶしている。
 3回目になる処方箋薬窓口で薬を受け取ろうとすると、「先生に倍量飲んでも良いか聞いてみましたか?」と薬剤師の女性に声をかけられた。実は前回来た時に「薬の飲み方についてわからない事があれば聞いてください」と言われて「効きが悪い時は倍量飲んで良いか」と質問したのだ。答えは医師の指示に従ってくれという事だった。
 しかし、聞いた本人も忘れている事を良く覚えている物だ。毎日数十人分の処方をこなして応対するだろうに、その相手と何を話したのか覚えているというのはなかなかできないことだろう。それともよっぽどトンチンカンな印象を持たれたのかも知れない。いやいやそれ以前に、張り出されている顔写真から見るに6人程いる薬剤師の内、2週間後の違う曜日に同じ薬剤師に当たるというのもなかなかの確率だ。


↑ポチッとよろしく。
[PR]
by marshM | 2009-03-25 23:59 |
空の向こう
e0087225_285649.jpg
 空を見上げる。先週の暖かさが嘘のように冷たい風に代わり、厚くも薄くもない雲が空いっぱいに広がる。何か面白いネタは思いつかないかとじっと空をにらみ続けるが、UFO一つ降りてこない。降りてこられるとそれはそれで困ってしまうのだが、何もネタがないよりは良い。
 何も思い浮かばないのは、気持ちがもう来週の空の向こうに飛んでいってしまっているからだろうか。


↑ポチッとよろしく。
[PR]
by marshM | 2009-03-24 23:59 |
脳内台風
e0087225_2362260.jpg 先週イラストがふるわないと思っていたら今週は思い浮かぶネタが中途半端な物ばかりで文章がいっこうに浮かばない。台風と高潮の時刻がバッチリ合ってしまったかのようだ。おまけにつらつらと書き上げた文章を間違って削除してしまった。堤防決壊である。勧告が出る前に寝室へと避難する事にしよう。


↑ポチッとよろしく。
[PR]
by marshM | 2009-03-23 23:59 |
平和な週末
e0087225_2262424.jpg しばらく前から家の中が平穏な状態が続いている。他でもない、大怪獣プスがいないのだ。旅行の間預かってもらうためにカミさんの実家に行っている。まだまだ出発には日にちがあるのだが、カミさんのスケジュールにあわせて早めに移動したというわけだ。
 普段家で仕事をしているとあまり人と会う機会がない。カミさんが出張に出かけてしまうと丸一日生身の人間と会話を交わさない日もある。それでなんとかやっていけるのは案外孤独が好きな性格だからなのだが、それでも猫がいる生活に慣れてしまうと少し寂しさを感じるのだ。
 言葉は通じないがこちらの行動に反応し予期せぬ時に予期せぬ行動を取る存在というのは、生活において思いの外大きな存在感を発揮しているのだという事に気が付くのは、それがいなくなった時に他ならないのだ。猫にとって飼い主が旅に出る度に縄張りを取り替えられるのは迷惑な話かも知れないが、それなりにこちらも代償を払っているのだよ。とは人間の勝手な言い分であろう。
 そう思って洗濯物を干していると、ガコちゃんの息子の尻尾の短い黒猫が挨拶に寄ってくれた。仕方なく餌をやる。


↑ポチッとよろしく。
[PR]
by marshM | 2009-03-22 23:59 |