<   2006年 11月 ( 20 )   > この月の画像一覧
最後の一枚
e0087225_18312029.jpge0087225_18312827.jpg


 スペイン南西部のスーパーや小さな食品店で目に付く白地に青の文字が鮮やかなパッケージ。セビリアに古くからあるお菓子だそうである。パイ生地の様に薄くてサクサクとした食感だが、クミンシードのような物が入っていて噛みしめると変わった薫りがする。マラガの古くて小さなお菓子屋で買った焼き菓子はお土産として今ひとつ評判が良くなかったのだが、これは甘過ぎもせず親しみやすい味だと思う。難点は持って帰る間に砕けてしまう事か。
 今日最後の一枚を食べてしまった。最後だと思うとこれを買ったグラナダとの繋がりが薄くなってしまう様で、なかなか手が出なかった。とは言え、いつまで食べられる状態で持つのかも定かではない。包み紙を取っておきたいのだが、表面に塗ってある糖蜜が付着してしまっている。綺麗に拭いて取れるかどうか。取り敢えずは写真をブログに残して良しとしよう。
[PR]
by marshM | 2006-11-30 18:45 |
病人食
e0087225_0562484.jpg お腹が痛い、それも胃の下辺りがきりきりと痛いと思ったら、夜になって熱が出てきた。腸炎を伴う風邪の様である。仕事をそこそこに切り上げて早く休んだら今日はだいぶマシな様だ。
 この間はカミさんの看病をしたが、今回は出張中で私一人。仕方がないので近所のコンビニまでひとっ走り、鍋焼きうどんを買ってくる。風邪をひいた時の鍋焼きうどんは体が温まっていい。子供の頃は熱が出ると決まってマカロニのケチャップ炒めを作ってもらっていたので、昼はマッシュルームとベーコンとたっぷりニンニク入りのケチャップパスタ。これがまたうまい。
 昼間熱が下がっても夜にぶり返すのが通例だが、今日はそれ程上がりそうもない。カミさんは帰ってこないし看病してくれる愛人もいないので今夜も早く寝るとしよう。
[PR]
by marshM | 2006-11-29 23:59 |
ライブハウス
e0087225_2232364.jpg 久しぶりにライブを見てきた。友人がバンドのベースを受け持つというので見ないわけにはいかなかったのだが、なかなかパワフルなヴォーカルとソウルフルなリズムで楽しい小一時間を過ごした。
 その友人とは予備校時代からのつきあいなのだが、驚く事に今回そのころツルんで遊んでいた仲間の一人が顔を出していた。かれこれ20年ぶりになるか、お互い年を重ねた分容貌は変わっているが、一皮剥けば何も変わっていないと笑いあえる間柄なのが何よりうれしい。
 ステージから少し離れたカウンターに陣取った我々は、演奏中デジタルムービ-カメラを任されて手持ちでブレない様に固まった姿勢で聞いていたのだが、ふと思い出して折りたたみ傘の先をはずしてカメラにねじ込んでみた。カメラの三脚穴は傘の先とネジ穴が一緒なのだ。これでだいぶ楽に聞く事ができる様になった。
 そう言えば学生の頃、よく彼の演奏風景を写真に撮りに行ったっけ。
 ファインダーの向こうには今も楽しげに、そして正確にリズムを刻んでいる彼の姿が変わらず映し出されていた。
[PR]
by marshM | 2006-11-27 23:59 |
「レパントの海戦」
e0087225_263986.jpg

 旅行中に読もうと大量に買い込んだ小説が、結局読まずに帰ってきたのだが、それでも打ち合わせに出かける時の暇つぶしに大活躍している。
 イタリアフリークのカミさんに勧められて選択した一冊、塩野七生の「レパントの海戦」は歴史海戦記である。しかしながら、男性作家の事実の列記である戦記と違い、詳細な調査資料(時には推測であろうか)を元にその時代の人物像や町並みに至るまでを見てきたかの様に描いている。
 これがなかなか面白い。所々兵器や組織の解説などはある程度予備知識がないと想像しきれない部分もあるが、だいたいどんな人が読んでも楽しめる様にできる限り周辺部に解説を付けて人や物事に魅力を出している。
 何よりも500年も昔の話なのにそれに近い景色が実在するという事が興味深い。水の都市ベネツィアの港でスペインとキリスト教とトルコに思いをはせて立ちすくむのも悪くないと思わせるのだ。
レパントの海戦
塩野 七生 / 新潮社
スコア選択: ★★★★★
[PR]
by marshM | 2006-11-26 23:59 |
新顔
e0087225_1525622.jpg 人なつっこいご近所猫のチビタがいなくなってからもう2年近く経つであろうか。庭で作業をしていればすり寄って邪魔をするし、家を開け放って掃除をすればいつの間にか上がり込んで廊下に足跡を付ける困りものだが、夜遅くに帰ってくるとどこからともなく現れて迎えてくれたり、散歩に出れば近所なら一緒に歩いてくれるいい奴であった。
 冷たい雨が降るか降らないかという曇り空の様子を見ようと庭に出てみると、素早く逃げ去る影。近所で最近見かける様になったなんとも汚いまだら模様の若猫である。あちこちで餌をもらい慣れているのか、完全には逃げていかない。餌をやる様な仕草をするとニャアと一声。しめたとばかり冷蔵庫に飛んでいって丁度余っていた笹カマをやってみる。
 よほど警戒心が強いのか、私が姿を見せていると寄ってこようとしない。カーテンの陰に隠れて様子をうかがっていると、来た来た、ちぎって置いた一切れをくわえてさっと元の位置に戻る。何度かそれを繰り返すと何処か遠くで呼ぶ声でもしたのか、通りの方にいってしまった。いつまでも見送っていると鳴き声を上げながらこっちを振り返る。まだ残っている笹カマに後ろ髪を引かれているのだろうか。
 笹カマをそのままにして出かけ帰ってみると綺麗になくなっていた。この調子なら上手く餌付けできるかもしれない。寒い冬空にも楽しみが増えた思い。
[PR]
by marshM | 2006-11-25 23:59 |
「休暇は欲しくない」
e0087225_1245859.jpg ニューヨークの私立探偵スタンリー・ヘイステングズはイラストの様なハードボイルド・タフガイではない。俳優志望のはずが生活のために事故による訴訟を扱う弁護士のお抱え調査員としてカメラ片手に町中を走り回っている。時には自分が書いたシナリオが映画化されるうまい話も舞い込むが、常にそこには難事件あり、妻のアリスの深い推理力に助けられる事もしばしば、殺人課の刑事とぶつかったり協力したりなんとか事件を解決する型破りなミステリ小説である。
 さて、毎回漫画の様に笑わせてくれるヘイスティングズ、今回は息子をサマーキャンプに預けてアリスと一緒にカナダ国境近くに小旅行である。前回がサスペンス物のパロディーだったと思えば今度は典型的なミステリ小説、フーダニットのパロディー。そして今回も期待を裏切らず笑わせてくれるのだが、何だか人ごとに思えなくてちょっと苦笑いの場面もしばしば。
 結婚した男性の悩みは万国共通なのであろう。何故かカミさんの方が人に早くうち解けていろんな情報を引き出してくる。ちょっと若い女に目を奪われるとしこたまやりこめられる。泊まったホテルがプチホテルなのかガイドブックに載っていた通りB&Bなのか、どうでも良い事で言い負かされる。その上彼自身とんでもない所でドジをしたりバカらしい事にこだわったり、それが伏線になってくるお約束ではあってもどうも人ごととは思えない。
 最後には八方丸く収まってやれやれなのだが、途中あまりのバカさ加減に笑いをこらえていると、たまたまそれがカミさんの買い物につきあっている途中だったりして、店員とカミさんの妙な物を見る態度がやっぱり人ごとではないと思わせるのである。
休暇はほしくない
パーネル・ホール 田中 一江 / 早川書房
スコア選択: ★★★★★
[PR]
by marshM | 2006-11-24 23:59 |
並木道
e0087225_18565824.jpg 勤労感謝の日の今日は一日中肌寒い曇り空。夕暮れにはまだ早い時間なのに景色が暗く沈んで行く。
 うちのポンコツ車のクラッチがとうとう滑り出したのでいつも世話になっているショップに預ける事になった。カミさんの車なのだが彼女は不在なので私一人。帰り道は地下鉄を使うほかに少し歩かねばならない。そう思って用意してあったiPodを取り出してスイッチを入れる。
 オレンジに色が付いた街路灯が浮かび上がらせるのはモノトーンに陰影を分けた枯葉散る街路樹の歩道。すっかり夜に包まれた住宅街には早くもクリスマスの電飾が瞬いている。iPodで無意識にアーティスト項目から選んだMISIAは歩くのに丁度良いテンポだ。落ち葉と石畳の景色に良く合うのは、冬をイメージしたドラマやクリスマスのイメージに使われる事が多いからだろうか。
 地下鉄を二駅、そこからまたしばらく歩き。しかし音楽のおかげで足取りは軽い。ついに泣き出した空を見上げながら足早に家路を急ぐ。
[PR]
by marshM | 2006-11-23 19:16 |
TOMB RAIDER 来る
e0087225_219023.jpg
 久しぶりに発売になっていたTOMB RAIDER LEGEND をAmazonで購入した。メディアがDVD供給なのでビックカメラのポイントを使って内蔵DVDレコーダも手に入れる。いや、これも投資のうち。これでDVDに焼いた映像をホームページで配信したいとクライアントが言い出しても対処できるのだ、と自分に言い訳。
 PCのゲームは発売時点でそこそこ高性能なスペックがないと綺麗に動いてくれない。プレイステーションの様なハードであればモデルチェンジのスパンが長いから良いが、PCは日々進歩しているのでせっかく買ったゲームが自分のマシンでは動かないという事もあり得るのだ。我が家のメインマシンはもう4年は使っているがなんとか許容範囲内で動いているらしい。少し動作がもたつくが今のところはストレス無し。次にマシンを買う時も同じ所に発注しなければ。
 とは言え、ゲームを買ったからと言って以前の様に昼夜無く没頭できなくなってしまったのが悲しくもありうれしくもあり。なに、程々が一番と言い聞かせてトレーニングステージの途中で終わらせる。冒険の先は長いのだ。
Tomb Raider: Legend (輸入版)
/ Eidos Interactive
スコア選択: ★★★★★
[PR]
by marshM | 2006-11-20 23:59 |
お買い得
 渋谷で買い物をしたついでにシブチカでいつものシガー選び。最近立て続けに購入している「COHIBA」は一番上等な部類に入ると教えられたので、それではと安い物から2種類選んで買ってみる。
 早速2本のうち「GONZALEZ」(600円!)の方を試してみる。巻きがあまくて燃え方にムラがあるが、そう悪くはない味と薫り。マイルドな焼酎と合わせると面白いかもしれない。
 そして先日IKEAで購入したランタンに火を入れてみる。光量は少ないが雰囲気がよい。何よりライターのガスが残り少なくても安心してあぶる事ができるのが魅力。そう悪くない買い物だったか。安くても悪い物ばかりではないと言う事か。
e0087225_17392568.jpg

[PR]
by marshM | 2006-11-19 17:48 |
1年大人になる
e0087225_17293180.jpg カミさんの弟の娘のリクエストで渋谷にブーツを見に行く。久しぶりに歩く公園通りや原宿竹下通りは今も変わらず熱気にあふれ、気持ちを初心にリセットしてくれる様なパワーを注ぎ込んでくれる。
 あちこち歩き回り結局109の中で既に〝懐かしの〟と冠が付きそうなカリスマ店員からだいぶ大人びたヒールのブーツを買う。ちょっと危なっかしいかもしれないが、私も幼い頃に「大人の靴はカツカツとカッコイイ音がする」と考えていたのを思い出して賛同。本人も喜ぶに違いない。
 誕生日、おめでとう。
[PR]
by marshM | 2006-11-18 23:58 |