<   2006年 09月 ( 17 )   > この月の画像一覧
1年
e0087225_443237.jpg
 1年前の9月30日、mixiの日記からブログに移行した最初の日記を書き込んだ日。やっとの事で1年が経った。1日1個、毎日続けるつもりであったが、やはり仕事で忙しい日あり、スランプあり、結果としては256件の記事数であった。
 これからもできうる限り毎日更新で行こうと心に決めた矢先から、どうもちょっとしたスランプでこの記事を書くのもすでに10月2日、遡って埋めている。こんな調子では先が思いやられるが、これからもよろしくおつきあいいただきたい。
[PR]
by marshM | 2006-09-30 23:59 |
不法投棄
e0087225_4202019.jpg うちの長屋がある近所は農家が多く、周りを畑に囲まれて狭い農道が縦横に走っている。公道ではないので大型車は通行止めになっているのだが、昼間は営業車で一休みのサラリーマンが車を止めている事が多い。
 以前から不法投棄が取り沙汰されていたのだが、一月ほど前、外国産スポーツカーが一台、ナンバープレートをはずして乗り捨ててあった。日を追ううちに誰かがイタズラしてあちこちへこんでいたりガラスが割られていたりして、まだ十分使えそうな外観が不法投棄のゴミらしい姿に変わってきた。
 そして先日その前を通ってみると、タイヤがはずされ屋根は陥没。あろう事か車内に放火までされていた。車を乗り捨てるのも問題だが、ゴミをゴミらしく仕上げていく人たちがいるとは、なんとも奇妙な話である。すぐに異動すればレッカーで済むものを、これでは運ぶのも一苦労だろう。私道である農道に放置されてあるが故なのか、行政は何をしているのだろうか。
[PR]
by marshM | 2006-09-29 23:59 |
スーパーマーケット
e0087225_4104496.jpg 友人に遠征のお土産は何が良いかと聞いてみると、答えはCD。その土地で流行のポップスや郷土クラシックを見繕ってこいという事らしい。さすがにずっと音楽を続けているだけあって面白い所に目を付ける。
 海外へ出た経験は少ないのだが、数年前にサイパンに行って以来、新しい土地に行った時にはスーパーマーケットに訪れるのが一番だと思っている。地元の住人に密着したスーパーマーケットは、文化が違えば違うほど目に新しい、面白いものを見せてくれる。本屋もまた然り、文章は解読できなくてもどんな内容の本が売れているのかはざっと見回せばわかる。アメリカ文化の国では、ふと目にとまったペーパーバックが翻訳されて少し後に日本の本屋に並んでいたり。
 そう考えるとタヒチで市場に寄れなかったのは非常に残念な気がする。パペーテに寄ったのは丁度市場が休みの日で、たまたま開いていた各島の郷土物産展しか見る所はなかった。お土産屋台の見本市の様なものである。
 今回の遠征ではどんなものと出会えるのか、少しワクワクしてきた。
[PR]
by marshM | 2006-09-26 23:59 |
銀座のスバ
e0087225_1829540.jpg 銀座コリドー街に豚肉を中心にした料理を出す店がある。先日銀座で晩ご飯を食べようと手近な所で「沖縄料理」を検索して見つけた店。入ってみると以前夕方のニュース番組で全国から美味しい豚肉を調達していると紹介されていた店であった。
 揃えている酒が泡盛中心、料理は沖縄料理の銀座版と言う感じだが、なかなか工夫されていて美味しく食べる事が出来た。
 ・・・ただひとつ、沖縄ソバだけは納得がいかない。全体に味付けが濃く紅ショウガが最初からのっていた。ラフテーも味に懲りすぎ。酒を飲んだ後には塩分の濃い方が味覚には丁度良いのだろうが、現地であの微妙な薄さ加減に慣れた舌には、似て非なるものとしか感じられなかった。惜しい。
 それより何より、スープが火傷しそうなくらい熱いのはどうにかならないものだろうか。沖縄でそんな熱いスバには出会った事がない。
[PR]
by marshM | 2006-09-24 23:59 |
羊雲
e0087225_18253456.jpg ハタと気が付くと今日は祝日。仕事の連絡メールに追われてそんな事にも気が付かないとは不覚である。
 太平洋上を北上する台風の影響で天気は曇り。弱い風が木々の葉を揺らす音が雨音に聞こえ窓を開けるも肩すかし。夕方には晴れて羊雲が並ぶ。
 先日渋谷を通った折りにハチ公口地下の喫煙具ショップで葉巻を2本購入。古めかしい店のこだわりのある店主に色々聞いて選んだ2本、ROMEO Y JYLIETA とMONTECRISTO。ブランデーの類が無いので香草をつけ込んであるグラッパと合わせるとこれがなかなか良い。せっかくだからこれは1本づつブログのネタにしてやろうと思い立ったのだが、いざ書き出そうという段になって銘柄の中の詳しい種類がわからない。帯の部分を取っておけばそれでOKと思いこんでいたのが仇になった。あのオヤジ、なんて言ってたかなぁ。感想文は雲が消えていく様にしばしお預けなのだ。
[PR]
by marshM | 2006-09-23 18:42 |
保険
e0087225_1924668.jpg
 う~ん、仕事が煮詰まった、と言うよりは行き詰まった。その筋のマスターに判断を仰がねばなるまい。下手に手を出して途中で投げ出すよりはしっかりした技術で統制をとってもらう方が仕事としてはリスクが少ないだろう。・・・実入りは少なくなるが。
 遠征に備えて自分の携帯番号で海外でも電話を受け取れるように申し込みを考えているのだが、いざ申し込みの段になるといろいろと選択しなくてはいけない壁にぶつかる。盗難保険はどうするのか、彼女と2台レンタルするのか、受け取りと返却はどうするのか。「そんなに危険な所なのか?」と疑問が浮かぶが、今回は海外に慣れている彼女のセッティングに任せていることもあって、あまり口出ししないように心がけているので調べる気になれない。それでも最低限予備知識を仕込んで行っても害にはならないだろうと思うと、やはりまとめて下調べの時間を取らねばならないだろう。
 取り敢えず携帯は盗難保険なしで、旅行保険でカバーする手はどうだろうか(と業務連絡)。
 要は海外で使える携帯電話をレンタルしてくれて、自分の番号にかかってきた通話を転送してくれるのだが、今回のような長い遠征では何かとお世話になる事もあるかもしれない。便利なのか?仕事から逃れられないのか?・・・依頼を受け損なわないための保険と考えれば、そう深刻に考えるものでもあるまい。
[PR]
by marshM | 2006-09-22 19:50 |
ratchet
e0087225_0595983.jpg 夏が返り咲いたような暑さが過ぎて、とっぷりと暮れた夜空の中に飛び出してスクーターのエンジンを加速する。素肌に心地よい風を受けるとヘッドライトの光で切り取られた風景の外から漂い流れる甘い香が優しく周りの空間を包み込んでくる。
 カチカチと小刻みに回り続ける季節を引き戻す大きな振り子の力に、時々カチリと大きな音を立てて歯止めがかかるように、気が付かなかった何かが過ぎた季節には戻れない事を痛いほど思い知らせる瞬間がある。キンモクセイの香りがやがてまためぐってくるだろう夏の景色を何処かにしまい込み、実りの秋に続く時を刻み込んでいく。
[PR]
by marshM | 2006-09-21 01:09 |
夜の終わり
e0087225_7552813.jpg 徹夜明けの仕事中である。ポツリポツリと上がってくる原稿に簡単なイラストを書き起こしていく。最終締め切りが午前10時らしいので、もう2時間ほどおつきあいしなくてはならない。
 今日は久しぶりに雲ひとつ無く晴れ渡った、気持ちの良い朝を迎えている。その割りに日差しを浴びても全く健康的な気分になれないのは、徹夜のせいだけでなくクリスマス前に一盛り上がり欲しい商売人のせいもあるかもしれない。
 昨日は忙しい合間を縫って、かぼちゃが電子音を響かせる横浜東急ハンズで鞄の物色。Manhattan Portage もHELLY HANSEN も捨てがたかったが、先月から目を付けていた吉田カバン、PORTERのショルダータイプに決める。少し値は張るが、それだけ作りも良い。来月の遠征が楽しみである。
 またひとつファイルが上がったようだ。仕事に戻らねば。
[PR]
by marshM | 2006-09-20 08:16 |
シミュレート
e0087225_11233.jpg
 横浜市営地下鉄の最後尾車両に乗って、何の気なしに車掌室の窓から後方に続くトンネルの闇を眺める。そしてある事に気が付いた。
 車掌室の制御板に付いたモニターには、意外にも驚くべきハイテク技術が隠されているのである。全車両ごとの乗車率、気温、湿度、エアコンの稼働状態が一目瞭然でわかるようになっているのだ。なんだか昔流行ったビル経営シミュレーションゲームを思い出した。
 もしかして、電車を動かす・ダイヤを組むシミュレーションではなく、乗客の快適さを追求するシミュレーションゲームを作ったら、コアな人々に売れるのではないか、などと妄想しているうちに目的の駅に着いた。
[PR]
by marshM | 2006-09-17 23:59 |
買い出し
e0087225_17183538.jpg
 そぼ降る雨の中、来月の遠征に向けて準備の買い出し。今回はカミさんの友人の家にお世話になるので、お土産に気を使わなくてはならない。ついでに秋物の洋服も見るために、渋谷のロフトから有楽町プランタン、銀座ITO-YAへ。
 ITO-YAへは先月取り寄せてもらうように予約したArtPenの軸部分を受け取りに。ペン先が緩くなってきたので取り替える。まるまる一本買い換えるよりは割安。他にもお土産の品を入れるためのパッケージの物色。
 捜し物をしていると、以前探していて良い物が無くあきらめたものがぽろぽろ見つかる。本来の目的であるパッケージは丁度良い大きさのものが見つからず、替わりに前回探していてあきらめたペンケースが地下の隅で見つかる。なかなか洒落ていてコンパクト。ただの袋だが、余分なよくわからない機能が付いてかさばるよりは断然良い。
 ついでにSTABILOの水性ボールペンにも一目惚れ。STABILOと言えば水溶性色鉛筆だが、なかなか書きやすく持ちやすいデザインのボールペン。ArtPenもSTABILOも滲みやすいので、次はスケッチブックを一工夫考えなくてはならないかもしれない。
 次は横浜で東急ハンズか。
[PR]
by marshM | 2006-09-13 23:59 |