カテゴリ:遊( 147 )
最近の初詣
e0087225_16171027.jpg 新年の行事として定着しつつあるのは初詣。いや、初詣というと語弊があるし、初詣自体は毎年行っている事だ。ここは食べ歩きと言った方が良いかもしれない。
 氏神様にお詣りした後、より大きな神社の参道に並ぶ屋台を冷やかして歩く。今年は不況のせいか屋台の数が少ないが、お詣りする人出も少なめなので見て歩きやすい。駄菓子や粉ものを立ち食いした後は、毎年寄る屋台ではないお茶屋さんでカップ酒とおでん。昼間にごくりと飲む熱燗はたまらなく美味しい。
 タコ焼きをハフハフと頬張ったら帰り道はあっという間。甘酒と日本酒で温まった体が冷めないうちに家路を急ぐ。取り立てて美味しいわけでもなく珍しいわけでもない出店巡りだが、年に一度の楽しみになってきた。
[PR]
by marshM | 2013-01-03 16:29 |
東京土産
e0087225_1554491.jpg 東京観光の途中、スカイツリーはまだ開業前で展望台に登る事は出来ないので、それならばと東京タワーに上る事になった。
 東京タワーには二度か三度上った記憶がある。階段を下から徒歩で上った時はまだ小学生だった。確かお土産屋さんで電飾が点くかっこいいミニチュアを売っていたと記憶していたので、展望台と麓のビルの土産物売り場をぶらぶらしてみた。
 ところが小一時間ほど端から端まで歩いてみたのだが、どうもちゃちな物しか見当たらない。私の記憶が曖昧だったのか、以前はちゃちに見えなかっただけなのか。ハッキリしないし腑に落ちないのだが、いくら探しても見つからないのであきらめる事にした。
 夜店の屋台と土産物屋はテンションが上がっている間は宝の山に見えるが、落ち着いてよく見れば大した物は置いていない、と言う事なのだろうか。
 
[PR]
by marshM | 2012-05-05 23:59 |
東京観光
e0087225_0105594.jpg カミさんの従姉弟が関西から出てくると言うので、正当なる東京観光を企画することになった。
 銀座のビストロでディナー、浅草寺の仲見世で買い食い、江戸のミニチュア文化を冷やかして、神田で昼から酒と肴と〆の蕎麦、お台場で等身大ガンダムを見てから東京タワーからスカイツリーを眺め、築地近くの江戸前寿司に舌鼓をうつ。はとバスも顔負けの江戸下町ツアーの出来上がりである。
 本人たちは大分満足したようで、足が棒になっても文句の一つも出なかった。明日は最終日、築地探索から六本木方面のハイソな文化圏を冷やかして終了。はてさて、どうなるものやら。
[PR]
by marshM | 2012-05-01 23:59 |
運動不足?
e0087225_16214913.jpg 都会暮らしに車は必要ないだろうと手放してから早一年以上が経った。確かに地下鉄もバスも数分間隔でやってくる街で地方のワンルームを借りるほどの駐車場代を払うのは合理的ではないのだが、さりとて休日に気軽にドライブに出かけることができなくなったのは損失だと言わねばなるまい。
 平日に休みが取れたのでレンタカーを借りて久しぶりにドライブに出かけることにした。一日数千円で最新型のコンパクトカーを借りることができるレンタカーは案外便利なものだ。ガソリンを満タンにして返せば洗車も要らない。天気もいいことだし海辺までのんびり流すことにした。
 マイカーと違ってレンタカーはオートマ車。多少の渋滞も楽に乗り切れると思っていたのだが、ブレーキやアクセルに力をかけず足を乗せているのは思ったよりも筋力を使うらしい。日ごろの運動不足のせいで脛がつり、ガクガクとおかしな挙動を見せてしまった。
 日ごろから歩くことも大切だが、満遍なく筋力を使っておくことも大切、なのだろうか。
[PR]
by marshM | 2012-04-13 16:41 |
渋谷
e0087225_2183643.jpg 久しぶりに渋谷をブラブラと歩いてきた。というのも、カミさんの実家のほうにいる姪っ子たちの、クリスマスプレゼントを選ぶのに付き合ってきたのだ。
 渋谷でよく遊んでいたのはもうずいぶん昔の話。109の賑わいは変わらずとも、その周辺環境はすっかり変わってしまった。それよりも一番変わったのは自分の年だろうか。流行の店でハイティーン向けのかわいらしい洋服を見ていると、自分と同い年くらいの女性が通りかかるのだが、その横には必ず娘を連れて歩いている。いつの間にかそんな年になってしまった自分が、相変わらず女性の買い物に付き合って同じ109の中を見て回っていると思うと、なんだか可笑しくなってきた。
 109を出てすっかり様変わりしてしまった道玄坂周辺を一回りして、遅めのランチを楽しんでから家路に着いた。
[PR]
by marshM | 2011-12-10 23:59 |
知られざる楽園
e0087225_23561494.jpg 晩御飯の後、面白いテレビ番組も無いので二人で散歩に出た。普段歩いている駅の方向からそれて、川向こうまで。
 川向こうには大都会の隙間にひっそりとたたずむ静かな町並みがある。鉄道の駅からはどこからも少し遠い場所にあるため、昼間は少し寂れた雰囲気。その町並みが日が暮れると一変して良い感じに変身する。
 細い路地の角を曲がるたびに赤い提灯や雰囲気の良い看板。焼肉、おでん、寿司、カウンターバー。繁華街ではないから華やかに建ち並んでいるわけではない。せいぜい路地ごとに二軒ほどが軒を並べている。
 いつも利用する駅を中心に今まで遊んでいたが、まさか川向こうにこんなワンダーランドがあったとは気がつかなかった。これから週末ごとに楽しみが増えそうだ。
[PR]
by marshM | 2011-11-10 23:55 |
上の空
e0087225_0295357.jpg 休日の夕方、思い立って二人で丸の内まで買い物に出た。東京に住んで何が良かったかといえば、この”朝からお出かけしなくても東京を楽しめる”ことだ。何しろその東京に住んでいるのだから1時間もかけて電車に乗る必要がない。
 カミさんが化粧品を見ている間に隣のフランス雑貨屋で時間をつぶす。フランス雑貨、バリ雑貨、アフリカ民芸品の店は結構ありふれた風景だが、イタリア雑貨を輸入して手広く販売している店ってどうなんだろう、などと思いながらクマのぬいぐるみを弄繰り回す。
 日が暮れた頃に丸の内から有楽町までブラブラ散歩。蝋燭でテーブルを照らすワインバーを横目に、有楽町ビックカメラで用を済ますためにズンズン歩く。新しくできたブリックスクエアでちょっと道草、ここにもヨーロッパ雑貨の店がいくつか出展していた。その店先にミモザとオリーブの立派な鉢。銀座を歩いても心はどこかイタリアの空。
[PR]
by marshM | 2011-11-03 23:59 |
隠れ家
e0087225_0484783.jpg 東京に居を移して良かった事と言えば、遊ぶ場所が近くにたくさんあるという事だ。飲んだくれていても以前のように早い時間に終電を気にする必要が無い。仕事の利便のために越したはずがこれぞ本末転倒というわけだ。
 私の一番のお気に入りは歩いて数分のところにあるスタンディング・バー。7・8人も入ればいっぱいになってしまう狭いカウンターのみの店内に入れば、いつの間にかすっかり顔なじみになった常連さんたちが目で挨拶を送ってくる。もちろんバーテンも気持ちよいサービスとおいしいカクテルを出してくれる。
 いつも夫婦で話しているのだが、居心地のいい店とは店員や客同士が程よい距離感を保っている。常連だから特別扱いをするとか、誰彼かまわず客同士盛り上がるのはどうも私たちの性には合わない。その点ちょっとした有名人もふらりと顔を出すような店は、踏み込んでいい領域というものを心得ているのだ。
 週末の一時、心休まる居場所が我が家以外にもあるというのは良いものだ。一週間の損失パワーをチャージして、家路をたどる顔には自然と笑顔が浮かんでくる。
[PR]
by marshM | 2011-10-26 23:59 |
水鉄砲
e0087225_1112765.jpg 昔、小学生向けのスイミングスクールに通っていた頃に、コーチが楽しげにやっていた手だけを使った水鉄砲が真似できなくて悔しかった。右手の三本の指を左手で握り、水から持ち上げてピュッと勢いよく飛ばすのだ。
 風呂に入るたびに思い出しやってみるのだがなかなか上手く行かない。それが今日やっと上手くできるようになった。何の事はない、右手の三本の指を心持ち曲げ気味にして空洞を作っていたのだ。文章で書くと簡単だが、左手で握る指を真っ直ぐにせず曲げるのは少し無理な力が加わり形作りにくいのだ。それだけにかかる圧力で水が遠くに勢いよく飛ぶのだが。
 まったく、いい大人が風呂の中で何をやっているのか。おかげですっかりのぼせてしまった。



↑ポチッとよろしく。
[PR]
by marshM | 2010-05-15 23:59 |
歌の行間
e0087225_1165578.jpg YouTubeであれこれ動画をあさっていたら、ごく最近までアニメ「マクロス」のシリーズが続いていた事を知った。その中でヒロインの女の子が歌う場面があるのだが、妙に心に響く歌詞だなと思って調べると実は松本隆の作詞だった。松本隆と言えば80年代アイドルのヒット曲には必ず見かけた名前。成る程ねと感心してしまった。
 今流行のJ-POPSはラップのように韻を踏む事や話し言葉を中心にして、行間に情景を盛り込む事が少ないのではないか、と言うのがもっぱらのうちでの話題。そんな中でアニメのキャラクター付けに80年代アイドルの歌を持ってくるととても新鮮に聞こえる。長く続くシリーズだからこそ色んな作り手が思いを込めて参加できるのだろうが、こういった面白い企画がもっと増えると良いのに。
 しかし、戦わなければ愛や平和を語れない風潮、どうにかならんものだろうか。



↑ポチッとよろしく。
[PR]
by marshM | 2010-04-19 23:59 |