2007年 06月 10日 ( 1 )
e0087225_185923.jpg
 昨夜遅くまで飲んでノンビリと寝坊した日曜日の朝は雷と大雨。週末パイプ蛍族にとっては大風と雨は大敵である。風が吹くとパイプが熱くなり、雨が降ると軒先で縮こまらなくてはならない。
 午後遅くになって空も晴れ上がり、長屋の周りをぶらぶらと散歩しながらプカプカ煙をたなびかせる。
 熱くもなく寒くもなく、外でパイプをくゆらせるのにはとても良い時期なのだが、一つ難点があった。朝と夕、時間が来ると蚊が出てくる季節になったのだ。ヤツらはパイプ煙草の煙など物ともしない。軒先に座ってじっとしていると耳元でプ~ンと羽音が響き、露出した腕や足先にいつの間にか痒みが起こる。
 これからうっとうしい梅雨の時期を迎えるが、庭先で煙をくゆらせる時は蚊取り線香の煙も出さなければならないのだ。ただでさえ煙たがられているのに、倍煙くなるのはどうした物か。


[PR]
by marshM | 2007-06-10 18:20 |