2007年 06月 05日 ( 1 )
レンバス
e0087225_18463790.jpg ヴィーガンにはまっているウチのカミさん、今度は朝のパンを焼くと言い出した。パンを焼くだなんて並大抵の事では出来ないのを知っているので、どうせ一度やってみれば嫌になってしまうだろうとたかをくくっていたのだが、これが上手く行って続いているのである。
 実は普通の食パンやロールパンのような物ではなく、発酵させないビスケットのようなパンであった。生地と具を混ぜて焼けば終わり。しかしこれが意外なほどに美味いのである。
 中に入れる具は有機栽培・無漂白のサルタナレーズン、干しぶどうだ。普通の干しぶどうはあまり好きではないのだが、このサルタナレーズンは甘みが強くてそのままでも美味しい。それを旨いラム酒に浸けてからたっぷり生地に放り込む。
 焼き上がったパンはしっかりした歯ごたえで腹持ちも良く、大きな葉っぱでくるめば『ロード・オブ・ザ・リング』に出てきた『レンバス』の様でもある。本当の名前を聞いてみたらアイルランドのソーダブレッドに近い物らしい。何だかイメージ的にはそう遠くないのかも知れないとにんまりしながら、しっかりと朝の腹ごしらえをすますのであった。


[PR]
by marshM | 2007-06-05 23:59 |