彼女の理由
e0087225_1112140.jpg 先日の大荒れの夜に、野良猫の避難所として出してあった段ボール箱がグシャグシャにつぶれてしまった。夜の間野良猫たちがその中で過ごしていたのかどうかは、いちいち確認しているわけではないのでわからない。しかし、気になる事が一つある。
 それはお母さん猫のガコちゃん、今年もまた妊娠しているようなのだ。日に日にお腹が大きくなってくる。普通妊娠すると猫は沢山食べるようなのだが、時々餌を残すようになった。元から餌をやっている本宅でちゃんともらっているからなのか、時々連れてくる子供たちに譲っているのかはわからないが、ガッツリ食べていく事もあるから体調が悪いわけではないのだろう。
 では何をしにウチの庭に来るのか。そんなとき、ガコちゃんは人の顔を見上げてはガッガッと鳴き、部屋の中をしきりにうかがう。そんな姿を見ていると、もしかして餌と暖に不自由しない、安心して子供を産める場所を探しているのではないかなどと考えてしまうのだ。
 暖かく安全な寝床を用意してあげたいのは山々だが、ウチには暴れん坊の怪獣がいる。網戸を開けて入って来ようとするガコちゃんに一試合仕掛けようと虎視眈々と狙っているのだ。悪い事は言わない、他を当たってくれ・・・と素直に言えない可愛らしさ、それは動物の本能が作り出す物なのだろうか。


↑鬼になるのだ。
[PR]
by marshM | 2009-03-17 23:59 |
<< 再生の速度 消えゆく物 >>