冬の定番
e0087225_025934.jpg 冬の間お気に入りで毎日のように着ているセーター、ガラはさておき大ぶりで暖かく軽いので重宝している。そのセーター、あまりにも頻繁に着ているので袖口がほつれてきた。
 元を正せばカミさんが10年以上前に男物のセーターが着たくて15万(!)で買った物らしい。カミさんが1シーズン、カミさんの弟が1シーズン、フリマに出されそうになったのを、何の因果か私の所にやってきてかれこれ4・5年は着倒しているから、元は取ったと考えて差し支えないのでは無かろうか。
 オシャレなセーターは何着も持っているのだが、普段着るのに気兼ねせず、尚かつ軽くて暖かい丈夫なセーターと言ったら他にはない。質を選んだらやはりそれなりの値段になるのだ。そんなセーターを一着クローゼットに常備しているのは、ガラはどうあれなかなかの贅沢なのではないだろうか。
 今度はお下がりでなく自分で手に入れるとしよう。


↑ポチッとよろしく。
[PR]
by marshM | 2009-03-08 00:23 |
<< ささやかな義務 春の許容量 >>