煙る街
e0087225_261261.jpg
 日差しのない一日が終わり、冷え込んできた夜更け。ちょっとそこまでチョイノリで一回りしてこようと外に出ると、昼間に降った雨がシートの上に凍り付いていた。なるほど、寒いはずである。
 通りにはマンホールごとに小さな湯気が立つ。昔見たアメリカ映画のニューヨークの夜を思い出す。日本で道路から湯気が立っているのは温泉街だけだと思っていたが、今日は街中が湯気にあふれている。
 一回りして、かじかんだ手足を戻すためにじっくりと額に汗が浮くまで風呂に浸かる。よく眠れそうだ。


↑ポチッとよろしく。
[PR]
by marshM | 2009-02-23 23:59 |
<< おさがりの憂鬱 浮き草の囁き >>