反論は受け付けない。
e0087225_2102891.jpg 病院で花粉症の薬を処方してもらってからもうすぐ一週間がたつ。その間、たいした改善は見られない。鼻をかんでも鼻血が出なくなった程度だろうか。やはり薬が切れるのを待たずに再診してもらうべきだろう。
 こちらでくしゃみ連発していると、向こうで可愛らしくスンスンする音が聞こえる。うちの怪獣プスである。かかりつけの医師から慢性鼻炎を宣言されたプスは、鼻の通りが悪いのか始終ペロリと鼻の下を舐める。近頃くしゃみを連発している姿を見ると、どこまで飼い主に似てくるのかうすら恐ろしい気分だ。
 似ているのは鼻炎だけではない。時々便秘になるので、お腹の中にたまった毛玉を押し出すための薬を舐めさせなくてはならない。雌猫のガコちゃんが来るとどこで寝ていても飛んで来てちょっかいを出す。いや、女の子にちょっかいを出すのは飼い主に似たわけではないだろう。・・・と思う。


↑ポチッとよろしく。
[PR]
by marshM | 2009-02-18 23:59 |
<< 曇り空の夜 モーニングコール >>