ホテルのインターネット接続
e0087225_0444683.jpg 旅先でインターネットに接続したい、ブログの更新やメールのチェックを欠かしたくない場合、ネットに接続できるかどうかがホテルの重要な選択基準になる。最近の星がつくホテルはインターネット接続が可能なのが当たり前だが、問題はその内容だという事に、ほとんどの人は気がついていない。
 スペインを旅した時は全てのホテルが有線LANコネクトもしくは無線LANでインターネットに接続する事ができた。今回のバリ旅行でもホテル内は全てホットスポットで覆われていて、フロントでアクセスパスを買えば規定時間内に接続する事ができた。ただ、アクセスするのにブラウザの認証が必要となるケースがやっかいなのだ。スペインでは一カ所、今回のバリでもそうだった。
 通常LANに接続する権限を借りる場合は特に制限というものがないのだが、ブラウザのアクセス認証の場合、自由に使えるのはブラウザに限られ自分のメールソフトやFTP接続等が使えないのが難点なのだ。ホテルの予約サイトでインターネット接続の可否がレポートされていても、その方法がLANの認証でOKなのかブラウザの接続のみに限られるのかを報告している事は全く無いのが実情なのだ。
 仕事を海外に持ち出す場合FTP接続やWebメールの不具合に対応できないのは致命的な場面が多い。こういったアクセス方法もホテルのホームページ等でアナウンスしてもらえるとありがたいのだが、最良なのは旅先まで仕事を引きずらない事、に限るのだろう。飲み屋でパソコンを開く野暮な奴はいないのと同じ事なのだ。


↑ポチッとよろしく。
[PR]
by marshM | 2009-02-07 23:59 |
<< チチャを連れ帰る バリバリ・バリ土産 >>