師走・わしわす
e0087225_075437.jpg 師走も押し迫ると師でなくても走り回る、そんな一日だった。日が暮れてやっと一段落したと思ったら、晩ご飯の後にカミさんがお節料理の用意をはじめた。味をしみこませて柔らかくしなければならない椎茸が一番時間がかかるのだそうだ。
 鰹節からしっかりダシをとって戻した椎茸をゆっくりと煮る。そのうちに鰹ダシの良い匂いに混じって椎茸の深みのある匂いが加わり、なんとも美味しそうな匂いに変わってくる。おばあちゃんから教わった秘伝のノートを横目で見ながらなにやら楽しげにしているので、晩ご飯の後かたづけは私が代わった。
 明日も朝から忙しくなりそうだ。ゆっくりできるのは年が明けてから。


↑ポチッとよろしく。
[PR]
by marshM | 2008-12-30 23:59 |
<< 良いお年を 帰ってきた肉 >>