気むずかし屋のご機嫌取り
e0087225_14591649.jpg 観葉植物の中でも多肉植物は管理が難しい。「そんなの簡単」とおっしゃる方もいるだろうが、私はちっちゃなサボテンでさえ枯らすほど、今ひとつ多肉植物に関してわかっていない。
 過去に買ったチランジアは全てダメになった。一番お気に入りだったザミア・プミラもいつの間にか枯れた。そう言えば多肉植物に含まれる事もあるガジュマルも姿を消して久しい。この夏は電磁波吸収サボテンを根腐れさせかけた。ひとえに多肉植物と言ってもその育った環境によって季節ごとの水やりや日照の具合が全く違ってくるので、私のように不精者がただ並べて鑑賞するだけではすぐにダメにしてしまうのだ。
 今残っているのは電磁波サボテンと、Crassula属の通称『数珠星』と呼ばれる緑の串団子がちょろちょろ伸びる可愛らしい一鉢のみ。今のところは一番日当たりの良い部屋で順調に可愛らしさを発揮しているが、気を付けないとこの鉢もいつまで持つ事やら。
 しかし、どうしてこう面倒くさい観葉植物ばかり選んで買ってしまうのだろうか。


↑ポチッとよろしく。
[PR]
by marshM | 2008-12-18 23:59 |
<< やれやれ 尊敬される大人 >>