ヤードに上れ
e0087225_0194720.jpg
 晴れた日に布団を干すと、いつも想像する光景がある。
 早川文庫『海の勇士/ボライソー』シリーズは19世紀前後に海の覇者だった大英帝国の軍艦乗りの話だ。軍艦と言っても帆船である。水兵たちが猿のごとくマストに駆け上り、帆を縮めたり広げたり、桁の角度を風に合わせて船足を上げる。全てが木とロープと人力に頼っていた時代。
 嵐に見舞われると雨に濡れて堅くなった帆布、つまりキャンバス地の堅い布を素手で巻き上げなくてはならない。帆は風をはらんでパンパンに張りきっているから、水兵たちは爪を剥がしながらも何とかそれを押さえつける。
 良く晴れた日に干してある布団を引き上げる時、いつもそんな光景が頭の中をよぎるのだ。


↑ポチッとよろしく。
[PR]
by marshM | 2008-12-01 23:59 |
<< アキバへGO! 母は強し >>