母は強し
e0087225_0413939.jpg 凄まじい悲鳴で起こされた。何事かと窓から顔を出すと、猫のうなり声。あわてて誰かに見られていないかと気にしつつ寝癖をなでつけた。
 対峙しているのはいつも家に来るお母さん猫とどこかの黒猫。黒猫の方が身体をふくらませて大声でうなっている。ただでさえ身体の小さいお母さん猫に比べ、黒猫の方は倍ほどの体格に見えるるのだが、観察しているとどうやら黒猫の方が形勢不利のようでゆっくりと後じさっている。
 さすが、女手一つで5匹の子猫を育て上げた肝っ玉母さん。餌をねだる時はだみ声でアヒルのように鳴くのに、ヒタと敵をにらみつける眼光はそこらの雄猫を震え上がらせるようだ。これぞ猫の鏡。
 まてよ、もしかして私のツンデレ好き傾向はここら辺りから来ているのだろうか?


↑ポチッとよろしく。
[PR]
by marshM | 2008-11-30 23:59
<< ヤードに上れ 月のない一日 >>