無粋な奴ら
e0087225_193584.jpg
 雨戸を開けると一点の曇りもない青空。彩度を失った地上の色彩に比べて輝くような青さ。
 水曜日はヤクルトの日。バイクの音で起こされる事も多いのだが、今日は余裕を持って迎える。家で仕事をしていると人と話す事が少ないので、ヤクルトを配達してくれる女性とも軽く世間話をする事が多い。今日も「空が青いね」と始まったのだが、ふと彼女の後ろ玄関先の地面に茶色い小さなカマキリがたたずんでいるのが目にはいる。こんなに冷え込んだ日に何をしているのか、どうもそちらが気になって世間話に身が入らない。もっぱらたいして話し込むでもなく二言三言の会話なのだが、ついつい上の空になってしまった。
 ついでにうちの怪獣は足下のタイルの上でゴロリと寝転がりお腹を見せる。気を許すと出て行きかねないのでこちらも気が気ではない。せっかく若い女性の訪問だというのに、みんなもうちょっと気を遣ってくれない物か。


↑ポチッとよろしく。
[PR]
by marshM | 2008-11-19 23:59 |
<< いろづく時 ラクガキ >>