デイリースモーク
e0087225_0315494.jpg うちのカミさんがなんだか変なことを言い出した。煙草の匂いが大嫌いな彼女が「パイプ、吸いたいんなら毎日吸ってみたら良いんじゃない?」などと言い出すのである。いや、特に当てつけがましくとか皮肉たっぷりとか、そんな雰囲気は微塵もない。どうしたことだろうか、出張中に何か良からぬ事でも吹き込まれたのだろうか。
 落ち着いて考えてみると、その後に何か言葉が続いていたような気がする。「週末に限定しているから四六時中パイプのことばっかり考えている。」とかなんとか。非常に曖昧だが、なんだか聞き直すのは非常に微妙なのだ。
 私は特に恐妻家というわけではない。カミさんの顔色をうかがっていてはせっかくの嗜好品が不味くなってしまう。しかし一つ屋根の下に住んでいるのだから、お互い譲り合い認め合う部分がなければ夫婦というのは成り立っていかない。どちらかが一方的に押さえつければ、相手は水面下でストレスを溜めていくのだ。
 さて、今日は仕事で忙しくて一服する暇はなかったが、明日は昼飯の後にパイプの時間をもうけてみようか。しかし彼女は一体どういうつもりで「毎日吸ってみたら?」と言ったものだろうか。悩みながら煙をくゆらすのも精神上よろしくない。良いと言っているうちはのうのうと吸うことにしようか。


↑ぽち。
[PR]
by marshM | 2008-11-05 23:59 |
<< 11月 ドレッシングはいらない >>