天使の管楽器
e0087225_22295.jpg 雨の止み間に用事を済ませるために車で外出すると、あちこちの家の庭先にどぎつい暖色がぶら下がっているのが目についてビックリした。たぶんエンジェルストランペットとか言う花だろうと思われる。そう言えば何年か前から流行っているのか園芸店でよく目にするようになった。ある家は門の周りに見事な枝振りを見せて飾り立て、きっと道行く人を楽しませているのだろう。
 しかし結構派手で大きな花だ。エンジェルと聞くとどうしても小さな物を想像してしまう。これは勝手な私の思いこみなのだろうが、たとえばしらけた雰囲気の時に「天使が通る」と言った表現があるが、どでかい天使が通ったのでは大騒ぎになってしまう。ひっそりと通り過ぎる小さな天使には、あのトランペットはちょっと大きすぎると思うのだが、いかがな物だろうか。


↑ポチッとよろしく。
[PR]
by marshM | 2008-10-24 23:59 |
<< 朝の自慢 記憶の不確実性 >>