火遊び
e0087225_2116948.jpg キャンプの醍醐味は焚き火にあると言っても過言ではない。ホワイトガソリンを使うツーバーナーを持っていても焚き火ができるサイトを選ぶ。火を保たせる、火を囲んで会話を交わす、食事を作って食べるのはもちろんのことだが、大きな石をゴロゴロと持ってきてかまどを作るのが楽しいのだ。
 今回は都合良く近くに大きな四角い石があったので素早く形の良い物ができたが、隙がなさすぎて焚き火の面白さには欠けた。風を入れたり熱を反射させたり崩れそうになったり、いろいろ世話を焼けるかまどが面白いのだ。
 しかし翌日の焼けた炭をゴミ袋に拾うのは案外面倒くさい。環境にもあまり良くないとも言われているので焚き火台の購入を検討している。そうなるとかまどを作る楽しみも消えてしまうわけだが、それも仕方ないことか。そうなったらそうなったで変幻自在な火力調節でも習得してみるか。


↑ポチッとよろしく。
[PR]
by marshM | 2008-10-13 23:59 |
<< 玩具で遊ぶ 彼方の味 >>