夏の名残
e0087225_0505583.jpg シジュウカラがやってきた。甲高いきれいな声でさえずっている。雀と同じくらいの大きさで、白黒グレーで構成された、燕尾服にネクタイを締めたような柄。その鳴き方のバリエーションの多さについ窓の外を探してしまう。綺麗な鳴き声の割によく見る姿なので、本当に?と疑いたくなる。
 日が暮れるとうるさいほどのコオロギの鳴き声。その音に包まれてしばしたたずむと、もう夏は帰ってこないのだとどこか納得している自分がいる。
 また、夏を探しに行かねば。


↑ポチッとよろしく。
[PR]
by marshM | 2008-09-14 23:59 |
<< 終わりそうで終わらない どこがと言われても >>