カプレーゼ
e0087225_15522128.jpg
 お昼ご飯はジェノベーゼソースのパスタに、トマトとモッツァレラチーズとフレッシュバジルのサラダ、カプレーゼ。このカプレーゼ、よく目にするのはトマトとチーズを大きくスライスして重ねたものだが、今回は甘みの強いミニトマトの輪切りとチーズを角切りにして和えた。塩胡椒やバルサミコの味がよく馴染んで美味い。
 モッツァレラチーズを細かく切ると、繊維質が崩れてオリーブオイルとバルサミコのドレッシングに溶け出す。これをパンに付けて食べるとたまらなく美味い。一粒で二度美味しい優れもののメニューだ。大きくスライスしたのではなかなかこうはいかないのだが、細かく切るとこういったこともできる。
 暑い夏の日、白いチーズにのった塩が舌に心地良く、食が進む。


↑ポチッとよろしく。
[PR]
by marshM | 2008-08-14 16:03 |
<< 食った食った 静かな世界 >>