盛夏
e0087225_251183.jpg
 7月も後残すところ1日。夏休みの宿題があるわけでもなし、暑い夏はまだまだこれからが本番だというのに、7月が終わると思うと意味もなく気が焦る。梅雨明けが早かったのに、我はいったい何をしていたのか。そう問われても、日帰りで行かれる海で渋滞にもまれたくはなし、特に何をしたいというわけでもないのである。
 今朝、雨戸を開けるといつもより部屋の奥まで日差しが届いていた。太陽の高さが夏至より確実に低くなりつつある。9月になればどんなに暑かろうと秋の気配が木立の影からわき上がる。8月に入ればうかうかしているとすぐにお盆、夏はもう残りわずかなのだ。


↑ポチッとよろしく。
[PR]
by marshM | 2008-07-30 23:59 |
<< 朽ち果てる UMA >>