ナナフシ
e0087225_19484291.jpg
 私が住んでいる長屋近辺は農家の多い地域で、雑木林や防風林、生け垣など緑が多い。緑が多いと自然界に住む生き物のバリエーションも富んでいる。
 京浜工業地帯にほど近い実家にいた頃にも度々見る事はあったが、こちらに来て毎年見かけるようになったのはナナフシ。木の枝に擬態した昆虫である。今年はこのナナフシをよく見かける。
 その姿形から見つけるのは難しいのだが、普段草むらにいるはずのナナフシが庭や玄関先に迷い出てくる。今年の夏は昆虫の個体数が増えるほど暑い、と言う事なのだろうか。見つける度に草むらにもどしてやるのだが、さて、そう言えばカブトムシの木はどうなっているのだろうか。


↑ポチッとよろしく。
[PR]
by marshM | 2008-07-22 23:59 |
<< 不安の記憶 コザの神様 >>