日時計
e0087225_2052259.jpg 何も予定がない土曜日、朝から本を持って折りたたみ椅子を出して、日向から逃げるように煙をたなびかせながら読書。いつもは衝立のあるベランダでパイプを燻らせているのだが、玄関前に座っていると長屋の住人達が次々と前を通り過ぎ挨拶に切れ目がない。
 お昼前、太陽が高くなると玄関の奥まった所まで追いつめられて小休止。夕方に今度はベランダ側に出て、ラムのソーダ割りとおつまみとで夕涼み。文庫本を一冊読み終わった。
 何もない、ノンビリした土曜日。


↑ポチッとよろしく。
[PR]
by marshM | 2008-07-05 20:59 |
<< ぼくと、ぼくらの夏 真夏の放浪 >>