絵の乱れは心の乱れ?
e0087225_1522621.jpg ブログ用のペン画を描きためて既に6冊目になるが、最近やっと「なるほど」とわかった事がある。ごく普通のクロッキー用のスケッチブックにrotringのArtPenを使って下書き無しで描いているのだが、もたもたしていると裏写りするほど滲む事がある。それが日によっては素早くペンを走らせていてさえ滲むのだ。
 種を明かせば湿度と関係あると思われる。決まって滲むのは晴れた日でも午後の庭先だったり、家の中でもじめじめと雨降りの日だったりするからだ。薄いクロッキー帳のページは余計に湿り気の影響を受けやすいのだろう。
 ケント紙などインクを吸い込みにくい紙に描けばそう言う不都合はないのだが、今度は乾きが遅くなる。水性インクだから手を乗せてしまうとすぐに汚れてしまう。何より全く滲まないのはシャープな印象を絵に与えるが、言ってしまえば味が無くなってしまうので好きではないのだ。
 一気呵成に書き上げる小さなイラストは書道に似てその時の気分や体調をすぐに反映して面白いのだが、テレビの前でふんぞり返ってひねり出しているあたりが今ひとつパッとしない原因なのだろうか。


↑ポチッとよろしく。
[PR]
by marshM | 2008-06-26 23:59 |
<< 空の向こう ハラハラ >>