銀座地下鉄
e0087225_22122474.jpg 免許取り立ての学生にとって、レンタカー会社でアルバイトをしていた先輩はある種畏敬の念を持って慕われていた。支店同士が車を回送するのにアルバイトが用いられ、彼等は都内のあちこちを走り回るうちに首都高の下り口や主要国道、抜け道に詳しくなるのだ。仲間内で車で移動するとなると常に先頭を切り、待ち合わせのルート案内も常に正確。まだカーナビが標準装備される前の話だから、一番頼りになる強い味方だった。
 成長し社会人になるとあちこちの道にも詳しくなるのだが、常に発達し蜘蛛の巣の様に広がる地下鉄はなかなか把握できなかった。銀座に出るのでも「銀座」「銀座一丁目」「有楽町」と三つの駅がかたまり、いくつもの路線が乗り入れているのだ。それが最近少し把握できるようになってきた。いきなり改札から地下道の真ん中に出ても雰囲気でどこら辺かもわかるようになった。特に銀座という街は高級感やビジネスがあふれた街だから、いまさらやっと自分が大人になったような気持ちになるのがおかしい。
 どうして銀座なのか?。もちろん打ち合わせ、打ち合わせ。


↑ポチッとよろしく。
[PR]
by marshM | 2008-06-18 22:30 |
<< 巨人の目 つかれた~ >>