大人のご飯
e0087225_23204934.jpg うちの怪獣クロネンコ・プースカヤ、否、黒猫のプス、今月でやっと生後1ヵ年(推定)を迎える事が出来た。1歳になると今まで与えていた成長期用の餌から一般の餌に代えなくてはならない。選んだのは室内猫用にカロリー抑えめ、排泄物の臭いを少なくする、今まで使っていたのと同じメーカーのもの。パッケージを開けて中身を出すと、三角形の大粒カリカリ餌だった。
 今までより臭いの強い新しい餌を皿に出すと、プスは夢中になって食べ始めた。食べ終わってから顔を近づけると、口の周りは強烈な餌の臭い。排泄物はクサくなくなるのかも知れないが、それ以前に餌がクサいのはどうよ。彼にとってはたまらなく魅力的な臭いなのだろうが、仕事場がすっかり生グサくなってしまった。


↑ポチッとよろしく。
[PR]
by marshM | 2008-06-04 23:31 |
<< ジャングル カロリーオフマヨネーズ >>