干した布団でぬくぬく
e0087225_19524657.jpg まるで梅雨に入ったような霧雨の数日を過ぎると、今度は清々しい初夏の陽気。洗濯と布団干しにはもってこいの日和だ。
 きわめて常識的な事かも知れないが、布団を干すのはお昼までなのだそうだ。私は、夕方になっても太陽さえ当たっていれば布団を干している余所のお宅に一言もの申したいとばかりに独り言をつぶやくカミさんに教えられるまで、そんな事は考えた事もなかった。暖かな日差しが降り注いで布団が膨らめば良いではないかと思っていたのだ。
 ところが先日ひょんな所で頷かざるを得ない情報を拾った。最近の天気予報、一日の湿度を時間を追って予測しているのをご存じだろうか。それを見るといくら天気の良い日でも決まって正午前後をピークに、夜に向かって湿度が上がっていくのだ。と言う事は、正午に乾燥した布団も陰に入った面は午後の湿気にあてられて台無しになってしまう、と言う事ではないか。
 それって常識だよね、と思っていた事でも、数値で表わされると一目瞭然。いや、疑っていたわけではないんだけれど、「どうして?」と何処かで引っかかっていた思いが昨日の雨のようにすっかり晴れたようだ。


↑ポチッとよろしく。
[PR]
by marshM | 2008-06-01 20:10 |
<< 祝ダイエットメニュー スキップ >>