やめられない
e0087225_1274383.jpg 舌が油脂分を感じると脳内麻薬物質が分泌されるように、活字を追っている時にも何処か恍惚とした部分が確かに存在するのかも知れない。いや、するのである。
 脳内のSF分が足りなくなってきた。明日の買い出しの時、本屋に寄らずに帰ってこられるか自信がない。いけないいけないと思いつつもあの幾層にも列んだ本棚を見ただけで足が吸い寄せられていく。文字の海に首まで浸ってしまったら、なんでも良い「これだ」と思う物を手に取るまで抜け出す事は出来ないのだ。
 ブックオフあたりで禁酒協会の活字中毒版が結成されていないだろうか。分厚いガイドが配られて全員で何時間も読みふけっていそうだ。


↑ポチッとよろしく。
[PR]
by marshM | 2008-05-27 23:59 |
<< 捜し物は何処 南の風湿度70% >>