潮の満ち引き
e0087225_23321166.jpg
 台風が弱まった温帯低気圧は、関東地方に少なからず影響を及ぼして通り過ぎた。昼過ぎには雨も風も収まっていたが、横浜の中でも海からだいぶ離れた私の住む一帯にまで生暖かい潮の香りを運んできた。林の中は木々や土が発する水分の臭いにあふれ、既に初夏なのだと十分納得させられる雰囲気を漂わせていた。
 そんな心浮かれる季節の予感を受け取りつつも、どうにも本調子が出ないのは、バイオリズムが低下しているせいだろうか。日が暮れて見上げる空には満月。またしても月に踊らされている自分に嫌気が差す。


↑ポチッとよろしく。
[PR]
by marshM | 2008-05-20 23:43 |
<< 空を登る カリカリをやってみた >>