監視
e0087225_17232412.jpg ひとたび天気が回復すると日差しは早くも夏の暑さ。夜にはオケラ、昼にはカエルの鳴き声がどこからか微かに聞こえてくる。
 近所をうろついている一番不細工な猫が先日仔猫を生んだが、暖かい日差しの下で長々と寝ころんだ母猫の周りを毛玉が転がるようにまとわりつく仔猫の姿は、黒・キジトラ・茶トラ・白黒とバリエーション豊富で愛らしい。少しぐらい触らせないものかと近づいてみるのだが、5メートルぐらいから警戒してさっさと逃げてしまう。それでも果敢に仔猫たちとの間に居座ってこちらを見据える母猫は、背中に痛々しい傷跡。子を守るために他の猫かカラスと格闘した跡なのかもしれない。
 そんな親戚関係にあるかも知れない親子を見守るうちの怪獣、少しは大人びてきたようで、2階の窓から眼を細めて様子をうかがっている。


↑ポチッとよろしく。
[PR]
by marshM | 2008-05-15 23:59 |
<< 進入禁止区域 物語の連鎖 >>