宝の山
e0087225_2384896.jpg 繰り返し見る夢がある。いつも欲しいものがあるのに手に入らない。食べ物だったり行き先だったり玩具だったり。その中に3番目ぐらいに良く出るシチュエーションは本屋。新刊が次から次へと列ぶ本屋では、目を奪われていると本当に欲しかったものがわからなくなってしまう。
 所用で横浜駅まで出向いたついでに横浜そごうの紀伊國屋書店に寄ってきた。近所のモールにあるのも同じ紀伊國屋書店だが、こちらは売り場面積最大を誇ったそごうの中だけあって扱う本も桁違い。いくつもの棚に目隠しされていつものように欲しい本が遠のいていくような感覚に目眩を感じつつも、検索システムで素早くリストアップしてズンズンと奥へ入っていく。
 本当に欲しかった本は1冊しか買えなかったが、次点が全て揃った。さぁ、仕事をさっさと片づけたら、まだ途中の積ん読本から一気に読破してしまわねば。枕元に積んで寝たら、いつもと違う夢が見られるだろうか。


↑ポチッとよろしく。
[PR]
by marshM | 2008-04-02 23:20 |
<< 満開 パーコレーター >>