消えゆく先は
e0087225_23594460.jpg
 テレビを見て常々考えていたことが一つある。例えば、反政府組織やゲリラの報道で、エキサイトした兵士達が空に向かって小銃を乱射する場面。実際のことではないが、ドラマで警官が空に向かって威嚇射撃を発砲する場面。疑問に思うのだが、その弾丸はいつか何処かに落ちてくるのではないのか?
 宇宙にロケットを打ち上げるには秒速7kmあまり必要だとか。弾丸の初速はせいぜい秒速2kmだから、重力を振り切ることは出来ない。いったん空に向かって飛び出した弾丸は、放物線を描いて落ちてくる。空気の抵抗があるから、速度は落ちるにしてもかなり危ないのではないか。
 警官の威嚇射撃は鑑識によって綿密に着弾を探し出される。ゲリラの乱射する弾の量はおびただしい数。流れ弾で同胞が傷つかなければよいのだが。


↑でもそんなの関係ねぇ。
[PR]
by marshM | 2008-01-18 23:59 |
<< 赤いコート ニンジン >>