勉強家
e0087225_037742.jpg 暮れに買ったパイプはイタリアのパイプ作家。忙しくしているうちにその作家から「届いたか」とメールが来た。英語で返事を出しても良いのだが、せっかくイタリア語に堪能な人材が身近にいるのだから、翻訳を頼んでみた。
 パイプの事であるから、多少専門用語が出てくる。参考のために作家のホームページに掲載された購入者の感想文を見せると、うちのカミさんは嬉々として翻訳しはじめた。口語体ではない、生のイタリア語に触れる事は、そうありふれた事ではないので楽しいのだそうだ。
 私がパイプ作家に送りたい感想文はほんの短い物なのだが、そのイタリア語訳は一日経っても仕上がってきそうもない。


↑ポチッとよろしく。
[PR]
by marshM | 2008-01-08 23:59 |
<< 苦労の成果 ミテクレ >>