霧吹き
e0087225_15481284.jpg 観葉植物の育成には『葉水』が重要なのだと知ったのは最近の事。毎朝雨戸を開けると部屋の鉢に霧吹きで水をかけるのが日課になった。
 以前からうちにあった霧吹きは、見てくれはいいのだが使い勝手はイマイチ。よくよく聞いてみたら300円で買ったのだと言うから仕方がない。新しい霧吹きが欲しいと言うとカミさんがどこからか美容室で使うという霧吹きを持って帰ってきてくれた。本当はジャングルコレクションで売っている『逆さにしても水が出る』霧吹きが欲しかったのだが、「これじゃなく~」と騒ぐとまるでだだをこねる子供のようで黙って使う事にした。
 使ってみればなんの事はない、300円のガラスの霧吹きに比べて断然使いやすいのだ。一度に出る細かい霧の量が非常に多い。今までシュコシュコ時間をかけていたのがあっという間に終わる。
 とは言え、せっかくだからもう一つ自分の部屋用に欲しかった霧吹きを買ってこようかと思っている。一々一つの霧吹きを持って一階と二階を行ったり来たりするのは面倒くさいのだ。というのは只の言い訳だろうか。


↑ポチッとよろしく。
[PR]
by marshM | 2007-12-02 16:02 |
<< 大怪獣改造手術 ABC >>