週に一度やってくる。
e0087225_2582218.jpg 宇宙船の胴体になったり、特殊な車のタイヤになったり、はたまたトーテムポールに早変わりする小さなプラスチックの瓶。小学生の頃、給食のメニューにもなったヤクルト。銀色のフタを前歯で穴を開けて飲んだり、軽くつぶして吸盤のようにほっぺたに吸い付かせてみたり、思い出は尽きない。
 最近またヤクルトを飲み出した。昔ながらのあの瓶である。これが多少便秘気味の私にはすこぶる調子がよい。
 そう言えば会社勤めの頃はデザートを持ってよく売りに来たものだが、うちに来る人は頼んだパックしか持ってこない。他に何があるのか今度聞いてみようかとちょっと迷っている。


↑ポチッとよろしく。
[PR]
by marshM | 2007-11-21 23:59 |
<< 星空 歩く鉢 >>