帽子
e0087225_1282960.jpg 今日、ついでに寄った帽子屋でついに頭の形にぴったりな帽子を見つけてしまった。
 通常私の場合、大きなサイズの帽子があってもほんのわずかに小さくてすぐに脱げてしまうか、顔の形に似合わない事が多い。子供の頃、どうしてもベレー帽が欲しくて、百貨店で試着した際に店員のお姉さんが「クスッ」と私の様子を見て笑ったのを見逃しはしなかった。あれはだいぶトラウマになったっけ。
 良くあるたためる帽子、ツバ広中折れ帽にするか、「北の国から」の田中邦衛タイプにするか一瞬迷ったが、やはり形状記憶帽子の方を選んだ。以前このタイプのものは持っていたのだが、ほんのちょっとだけサイズが小さくて悔しい思いをしていたのだ。
 早速明日は新調の帽子をかぶって出かける事にしよう。


↑ポチッとよろしく。
[PR]
by marshM | 2007-11-06 23:59 |
<< 命の洗濯 19世紀の煙 >>