夏の名残
e0087225_172185.jpg 夕方に急遽入った打ち合わせのため、少し離れた私鉄線の駅までチョイノリで走る。
 午前中シトシトと降っていた雨は上がり、帰宅ラッシュの始まった街中をゆっくりと流すと、もうすでに長袖Tシャツでは体に受ける風がひんやりと寒いくらいだ。しばらくぶりに走るルートは何も代わり映えしないが、あの街中で放し飼いになっている黒いニワトリは元気に育って数が増えていた。
 打ち合わせには思いの外時間がかかり、帰りはすっかり暮れた空の下を走る。それでも日暮れ前より気温が下がったようには思えない所が、街も何処かに夏の名残を残しているのかも知れないと感じた。


↑烏骨鶏のわけないよと思ったらポチッとよろしく。
[PR]
by marshM | 2007-09-12 23:59 |
<< 猫アレルギー 棚完成 >>