空を飛ぶわけ
 ボクは空を飛ぶのが好きなんだ。降り注ぐ光が届かなくなる深さから、浮力を加速に使って水面へと全力で水を蹴る。天辺に見える青の薄い所と濃い所を上手く見分けて、大きな波の頂点から飛び出すと、まるで羽が生えたみたいに、真っ青な空に自分の体が放り出されるんだ。
 波の方向と頂点にぴったりタイミングを合わせるのはなかな難しくて、何度やっても飽きることがない。ボクが繰り返し空に飛び出していると、やがて仲間達が集まってきて真似をするけど、ヤツらの飛び方はてんでなっちゃいない。だっておかしいだろ、ヤツらは「海が青いのは空の青が映ってる」と思ってるんだ。
 一日に何度か大きな、それもクジラぐらい大きな波がやってくる。ボクはその波から空に飛び出した時見たんだ。海の色がどれだけ青いのかを。空が白くぼやけてしまう遠くの方まではっきりと綺麗な青い色だった。
e0087225_15545661.jpg


 アマゾンから荷物が届いた。カミさんの購入したCDが2枚に、便乗して私の選んだCDが1枚。去年の夏、某所でハードローテーションで聞かされていた曲なのだが、未だに耳について離れない。アルバムを買っても良かったのだが、他の曲にイメージを邪魔されたくなくてシングルCDの方にした。
 早速iPodに入れて頭が何も考えられないくらいに繰り返し繰り返し聞いてみる。そうしたら、何故か自分がイルカになったような気がしたのだ。


↑クリッパーにポチッと。
[PR]
by marshM | 2007-07-19 23:59 |
<< 裏返し 猫を飼う? >>