幸福感
e0087225_195241.jpg
 懐かしいクサノ・ロホが手に入った。プロダクション勤務で休み返上で働いていた頃、仕事の終わりの息抜きに決まって飲んでいた酒。あらためて今飲んでみるとあの頃の激務が脳裏に甦ってくることはなく、安らぎの記憶だけが漂う。
 ちょっと薬クサイが口に甘く、アルコール度数の割りに優しく喉を過ぎていく。病院のリノリウムに似たイメージがそれでも確固たる安心感を引き出し、確実に酔わせてくれる。飲むほどに広がる幸福感に何もかも投げ出して浸りたくなる行為は、現世には戻れなくなるのではないかという不安まで呼び起こす。
 甘い香りのパイプ煙草と合わせると今ひとつなのは、甘さがぶつかってしまうためなのか、この週末は仕事がつまっている緊張感がそうさせるのか。今夜は程々にしてまた来週。


↑ポチッとよろしく。
[PR]
by marshM | 2007-07-06 23:59 |
<< アクション 夏の外回り >>