招集
e0087225_18194367.jpg
 同窓会という物にほとんど行った事がない。中学の時から仲の良かった友人達、小中高と何処かで繋がりがある彼等・彼女等とは年に数回は今でも会っているので、同窓会をやる必要がないのだ。
 そんな仲間も近頃仕事や家事に忙しく集まる機会が少なかったのだが、先週鶴の一声で全員が集合した。仲間の一人が入院したのでそのお見舞いである。少し元気になった当人の顔を見て、ホッとして帰ってきたのもつかの間、夕べ再度の招集がかかった。手際よく連絡を回して今日も皆揃ったのだが、ほんの少し間に合わなかった。
 それでもちょっと一声かければすぐに集まる皆を頼もしく思う。同窓会なんてくくらなくても今一緒に生きている仲間達。先に行く彼女をそろって送り出してあげなくてはならない。






 こういう日のブログというのは正直難しい。本当はもっと思う事があるのに、文字にするととても安っぽい物になってしまいそうで言葉が出てこない。いっそ書かない方が潔いのだろうか。

 とにかく、何か忘れないための方策の一つとしてでも記録を残しておく。
[PR]
by marshM | 2007-06-03 18:58 |
<< 軽トラに乗る ハーブオイル >>